CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

ニゲラの蕾

これって、『ニゲラ』の蕾ですよね!!

土地に合うかどうかちょっと心配していたんです。

5月だというのに、霜が降りたりして・・・

私は、ガーデナーとはとても呼べないくらいひよっこですから・・・

あ、誰もそうだとは思ってないですよね~あはは!!!

そんな私に、ニゲラが 大、大、大好きな方が苗を下さったので、是非育ってほしかったんです!!

でも良かった~♪

初のニゲラさんとのご対面も近いかも~^^♪



☆ニゲラ

英名で「ラブインアミスト(霧の中の恋人)」と呼ばれる。 ファンシーですね。
花の咲き終わったあとに大きな果実ができて、その中にゴマのような黒いタネができるので、日本では「クロタネソウ」と呼ばれます。
その果実はドライフラワーとしても利用できるのだそうですから、毎年種を採って楽しめそうです。

  I'll be waiting for you ! Love in a mist !!

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 8 comments  0 trackback

オットのメモ書き

オットの木工は日々続いておりまして、少なからず色々とこの世に生れ出ております。
フレームも数枚出来てきて、表面を研磨し渋柿を塗って・・・と仕上げ段階です!
渋柿は自然の塗料で、年数が経つにつれていい味が出るのではないかと、楽しみですね。

そのオットのそばに、コロンと転がっていたメモ書きを見つけました。
端材に書かれた線と数字が、妙に味があるのは何故?



前回の木工教室で仕上げてきた スパイスラック ですが、
スパイスの代わりに別の物を置いて使っています。
今のところは~!
石鹸は、写真用にちょっとお飾りしてみました!



私にはとてもこんな物は作れないので、これから自分たちに必要なものは何かなぁ?と考えて
ヨッシャ!! コンポストだわ!! コンポスト作らせていただきま~す!とオットに宣言してしまった。
勢いで言っちゃいました。
敷地内に、ハーベスト(収穫)ゾーンは必須です。 ゴミを減らして土作りに生かすのも必須です。
私も端材にメモ書きする日が近いかも…

   Can I make it ?? Who knows !!

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 4 comments  0 trackback

無添加じゃこ天実演販売

愛媛県の特産物である 『じゃこ天』 ですが、無添加じゃこ天を作っているのが、東雲(しののめ)かまぼこさんです。

松山城のロープウェイ入口近くにあるお店です。
私が松山に行った時に、友人に連れて行ってもらい、無添加のじゃこ天を食べてみましたが、その時店主が「このじゃこ天は、後味が残らないから、いくらでも食べれるんだよ!味が優しいよ!他と比べたらすぐわかるから!!無添加は後味が残らない!!」と、こうおっしゃった。卵白を使ってないのでアレルギーの方にも安心して食べていただけるという事でした。

食べてみると、一瞬 味に物足りないのかな?と思いきや、食べて行くうちに確かに後味が残らないのです♪
練物なのにサッパリ感がある…美味しいじゃこ天なのです。
子供のおやつに、お菓子一袋より、じゃこ天一枚を手に持たせて~食べさせたい感じ。

このじゃこ天の実演販売が只今、東京の新橋駅すぐそばの四国アンテナショップで実演販売されています。
5/31日まで。 一度ご賞味あれ! 無添加じゃこ天の味を!

 I love Kamaboko!!

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 2 comments  0 trackback

海の幸と出会う カナガシラ

原村から3~40分程車を走らせると、諏訪市にワタハンというホームセンターがあります。
ここに行った時に、すぐ近くで目にしたのが、「鮮魚」の2文字。
なにぃ~と当然の如く引き込まれて行ったのです。

そこの名は、新潟県寺泊港の直営店 『角上魚類』 というお店。
新鮮な魚がど~~んとその姿のまま並べてあって、生きがいい!!
それも安い!!さすが直営の利点か!
殆どが、日本海で捕れた魚で、新潟県や石川県から送られてきたものですが、中にはびっくり長崎県のアマダイなんかも置いてありました。

長野県と新潟県は県境が接しているんですよね!ただ、ここ諏訪地域は関東寄りですから、あまりイメージ的にピンと来なかったんです。
それにしても、鮮魚の大きなお店があるのは嬉しい誤算でした♪

そこで購入したのが、白身の魚で 『カナガシラ(金頭)』 
一皿で¥250 
そうですよ~ 4尾全部でこの値段ですよ。 

あまり見かけない魚だけど塩焼きや包み焼きにも良さそうだし・・・
小骨がちょっとあるのですが、塩焼きにして美味しかったです!

と、ここまでは普通に、あら良かったですねぇ~という話だと思うんですが。。。

で、ネットでこの魚の事を調べてみたら、な、なんと長崎では節分に食べる習慣があり、長崎魚市場では、この魚の事をガッツと呼ぶと書いてあったんです。

http://www.nagasaki-uo.co.jp/kanagashira_page.htm

あれれ?? 節分に食べる習慣なんてあったかしら?? 
小骨があるからもしかしたら、うちでは子供の時の節分の行事には食べることなかったのかも~と思いながら、とにかく長崎魚市場に水揚げされていたの??とビックリしたのでした。
同級生の家庭では習慣だったのかしら??
今度同窓会があったら忘れず聞いてみよう~^^

もしかしたら話に出たのかもしれないのですが、私の中ではそれらしき記憶がなく、ここにきてそれを知らされるとは~ 

The life is continuous of learning.

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 0 comments  0 trackback

土地の先住民 ゲロゲロ♪

わが土地の先住民と出会いました。
小さなカエルさん達です。

緑の葉っぱの色に同化しています。 パッと見わからないですよ。 カメレオンみたいですね。

別の場所に、またまた小さなカエルさんが・・・

こちらは、枯草の色に変身中だったようです。 まだちょっと草色が背中部分に残っています。
草色から枯れた色に体を変化させ、周りと同化して敵を欺くとは・・・おぬし、やるなぁ~!

里山に広がる田んぼから、ここのところ毎晩ゲロゲロと大合唱が聞こえます。
自然の中の生き物の声が聞こえるのって、耳障りじゃないんですよ。
嫌な感じはしないんですよね。

耳障りで思い出しました。

以前、田園都市線で渋谷駅で降りて、改札へ向かう階段を上っていると、鳥の鳴き声のテープがピ~ピピと
切れ間もなくズーっと同じようなトーンで流されていて、私はそれがとっても耳障りだったんです。

これと同じ事が、そうそう、表参道ヒルズでもそうだった!!!!
ズーっと鳥の鳴き声が流されていて、とっても不自然でしたし、耳障りで居心地悪かった。
こういう取り入れ方をするぐらいなら、音などない方が、まだ自然だと思いますが~。

わが土地にいる先住民のカエルさん どうぞゲロゲロと美声を遠慮なく聞かせて下さいな。 

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 6 comments  0 trackback

2年待ちの’魔法のフライパン’

やっと我が家にやってきました!錦見鋳造の魔法のフライパンです。

約2年前、すごいフライパンがあるのよ!予約がいっぱいで1年半~2年くらい待つらしいの。でもいいフライパンみたいよ~!と友達に教えてもらったのがきっかけで、ここのサイトを覗いてみたら確かに品物の質が良いと感じました。

私はずっとずっと鉄のフライパン(普通の)と中華鍋(大きめの)を、途中錆びつかせながらも洗い落としながら使っておりましたが、このフライパンならまたまた長~く使えそうだと思い、数年待つのを承知で注文したのでした。


その特徴はと言えば、

① 熱しやすく冷めにくい尾張鉄器(鉄厚1.5mmの鋳物)で、炭が入っているので、使えば使うほど
  炭と鉄のすき間に油が吸収されてますます焦げ付かなくなる。

② 炭の効果で全面が均等に熱くなるので、200°Cになる時間が1分ちょっとで経済的。

③ 取ってと本体が一体なので(ネジとかがない)壊れるところがない。
  しかも、調理終了まで取っ手部分が熱くならない。
  電磁調理器に対応している。
  尾張鉄器は、通常の鉄の4倍、フッ素コートの30倍の丈夫さ。

洗うのにも、洗剤は要りません。
使用後は、サッと拭いて、必要なら水で洗い流して水気を拭き取ってしまうだけです。

実際使ってみましたが、とっても使い易く、焦げないですし、後片付けが簡単でした。

北京鍋でお昼にチャーハンを作ってみました。
あまり重くないので、ご飯を返すのも、ヒョイッとできて、いい気分!
ごはんもパラパラとしてて美味しかったですよ~♪
2年待った甲斐があったかも~

下の写真がそのチャーハンですが、家にあるもので昨日お味噌汁に入れた旬の「ウルイ」が
残っていたので、ネギの代わりに入れました。



  錦見鋳造株式会社 http://www.nisikimi.co.jp

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 4 comments  0 trackback

田園の風景 -原村-

原村の農園は、広々とした田園のセロリ畑や田んぼや麦畑がある一角にあり、周りの山々をグルっと見渡せる気持のいい場所です。

南アルプスの甲斐駒ヶ岳が遠くにそびえているのが見えてとても綺麗でした。

田園風景が、ゆったりとした時間を感じさせてくれます。

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 8 comments  0 trackback

ケメックスのコーヒードリップ

最近でこそショップや雑誌でよく目にするケメックス社のコーヒードリップですが、私がこのケメックスと出会ったのは、20年程前になります。
当時子供達もまだ小さくてそれなりにやりくりしていた時代ですが、このケメックスに一目惚れをしてしまって、安くはない買い物をしたのです。
初代のものは残念ながら使っている年月の間に割ってしまいました。
けれど、同じケメックスのを引き続き使っています。
飽きっぽい私の性格からすると珍しい~こと?

でも、やっぱり気に入った物って流行に左右されずに長~く使っていけますよね。

と、ここまでは普通の話なんですが・・・

20年程たった今になって、自分の間違いに気づくとは!!!!!
それは、フィルターのセットの仕方にあり。

ケメックスのフィルターは、広げると1枚の四角い紙なのですが、それが4つに折ってあるので、それをセットするわけですが・・・

私は今まで注ぎ口にその折り目を合わせてセットしていたんです。
たまに、空気が抜けなくてポコポコする事があったんですが、その時は自分でフィルターをつまんで空気抜きをしていました。
そういうもんだと思って!! 別にそれが不自由だとか思わなかったんです!!

ついこの前、いつものようにコーヒー入れてて、「ミルで挽いたコーヒーは細かいから、ドリップに時間かかるよね~」なんてオットに話していたら、「空気抜けてないんじゃないの?フィルター三枚のほう合わせてる?」と、パソコンの前から声がした。

エッ 折り目を合わせてるけど?? 

「だってポコポコする時あるでしょ!!どうしてたの?」

フィルターちょっと浮かして、自分で空気抜いてたんだけど~!

「3枚のほうを注ぎ口にセットするんだよ。使い方書いてあるんじゃない~。ずっとそうやってたの?アッハッハ」

慌ててフィルターの箱をマジマジ見たら、た、たしかにそう書いてある!もちろん英語だが!
買ったその時にちゃんと読んでればなんて事はないのだが!

今まで私は何の疑いもなく20年もの間、ずっとそうやってきたんですよね。
思い込みって凄いことだわね~。 我ながらもうビックリ! それ以上にビックリしたのはオットだったようで!

こんな人いるのかしら~?でも万が一ということもありますから・・・
ケメックスのコーヒードリップをお使いの皆さま、どうぞフィルターのセットをもう一度お確かめ下さい。







Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 4 comments  0 trackback

アルケミラモリス

念願のアルケミラモリスと出会えました♪

まだ家の基礎工事も始まっていないので、今は庭を手を加えたガーデン風ではなく、自然な感じで、ド・シロウトの私でも無理せずかかわっていけそうなぐらいの種類に押さえて~とプランしている段階です。

そのプランの中に、このアルケミラモリスさんは、必須なのです^^
庭にぜひぜひ植栽したいと思っていました。

たまたま、GW中に茅野市にある、ほとんど原村との境にある玉川園芸というところへ立ち寄りました。
この場所は、最初に行った時わかりにくくて、グルグル探し回りました。
この園芸店は、お店というよりもそこで各種ハーブや季節の花々を育てているところです。
温室にた~くさん苗が並んでいました。

北杜市の日野春駅近くにある、日野春ガーデンというお店をオープンしています。
ここにも色んな種類が置いてあります。

ひょっこり訪ねてみると、黄色い小花が咲いている鉢がズラーッと並んでいるのを発見!!

これ、アルケミラモリスさんよね!! 葉っぱがユニークで、黄色い小花もかわいいですね。
バラ科だというからびっくりです。 棘とげもなくバラの華やかさとはちょっと違っていますから~。
メインに大きく背が高くなるお花ではないですが、足もとに楚々として存在する、そんな花です。

庭のレイアウトなどは、まだこれからなのですが育てておきたいので即決で、お持ち帰りしました。

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 4 comments  0 trackback

熱気球

GWの間ここ八ヶ岳でもどんよりと雲に覆われ、綺麗な山々はなかなか見る事ができませんでした。
しかしかなりの人出で、八ヶ岳農業大学校の敷地内では、芝生で遊ぶファミリーやワンちゃん達で賑やかでした。花の苗やお野菜も元気はつらつな様子で、勢いがありました。

そして、ここへ来る道からも見えていた、熱気球です。

ゴォーというガスの音と共に、フワァ~と浮いて行くのですが、四方にロープが張ってあるためフラフラどこかへ飛んで行く事はありません。
ただ、体験はできるのだけれど、まっすぐ上がって降りてくるだけなので、プカプカ浮いてゆっくり飛行をする体験はできないようでちょっと残念ねぇ。
確かにそうするにはもっとだだっ広い欧米並みの農村地帯が必要かも知れませんけどね。
体験は大人¥2000 子供¥1000 と書いてありました。

う~~ん!とにらめっこして、止めてまわれ右!!

農業大学で飼われている牛さんから採れる牛乳で作られる、とってもコクのあるソフトクリームに走りました。
これから夏にかけても、ここのソフトクリームは大人気なんでしょうね。 

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 7 comments  0 trackback

コシアブラの天ぷら

こちらに来て初めて知った『山菜 コシアブラ』です。

おっと…天ぷらになる前のコシアブラを写すのを忘れてましたね。 
葉っぱの先っちょは、タラの芽によく似ていますが、あんなに図体は太くないですよ。(タラの芽さん 失礼!)
タラの芽さんも、それはそれは春の山菜で超有名ですが、何と!
私の中で、こちらのコシアブラさんがその上をいきました。

天ぷらは、コシアブラさんに軍配があがりました~!とても美味しかったです!
名前は何ともどぎつい感じよね、コシアブラ~なんてぇ~ 誰がつけたのかしら??

「濾し油で、コシアブラを揚げました!」なんて私に寒いオッサンギャグを言わせたコシアブラさん。
もっと素敵な名前を付けてもらいたかったわよね!?

名は体を表す!などと言いますが、コシアブラさんに限っては全然違って、名前とは逆でとっても香りよく軽い食感で、お口の中でホワーと山の香がして、ほんと美味しかったです♪

どうも、この地にはコシアブラの木がそこら中にあるらしいのですがまだゆっくり見つけに行けていません。
でも、昨日いい情報をゲットしました!

コシアブラの木は、秋には葉っぱが白っぽくなるから、わかるらしいのですよ^^

「自宅にこの木が育っていたのに知らなかったのよ・・・
でもすごく大木で、とても新芽に届かないのよ~ 悔しいからお店でも買わないのよ~ホッホッホ」と
笑ってお話して下さった品の良いおばあ様が、葉っぱの事を教えて下さいました。

秋が来たら、来春の為に見つけておく事にしましょ♪♪ うまくいけばね^^




Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 3 comments  0 trackback

草木瓜 (クサボケ)

土地に自生している木の枝にオレンジ色の小花を見つけました。 何だろう?
そう思っていたところに、ちょうどGWで八ヶ岳の別荘へ来ていたPJmamaさんが庭木の本や図鑑やらを貸して下さり、それを早速見ていたら、ありました!!
これを探していたわけじゃなかったんですが、おや?見覚えのある花が…これってあの花じゃない!?

草木瓜(クサボケ)というんですね! 

バラ科で、別名を シドミ ジナシ

花期は4~5月。9~10月には、別名ジナシ(地梨)の由来でもあるナシによく似た黄色い果実が熟すらしいのです。
香りよく、果実酒や焼酎漬け、砂糖漬けなどにして楽しめる、と書いてありました。

ちょっと得した気分ですね♪♪
まだ小さいので、実が熟すかどうかは??

是非、草木瓜の果実酒を作ってみたいものです。

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 6 comments  0 trackback

村民なのに市民農園?

先日、市民農園の抽選にお陰様で当たり、今日は現地で説明会があり、借りる方々との初顔合わせとなりました。
アレ?ここは原村なのだから、市民とは言わないはず? だったら村民農園のはず?
だけど日本全国、市民農園や市民菜園という言葉がいわゆる一般名詞みたいになってしまっているんでしょうね~。
ま、いっかぁ! まったく問題なしだもの!

農園は、原村の柳沢という地区の、セロリ畑が連なる広大な農地の一角にあり、その周りは360°の
大パノラマが広がっています。
八ヶ岳連峰、車山、蓼科、北アルプス、南アルプスの甲斐駒ヶ岳がヨーロッパのモンブランのように見えて、
ほんとにきれいな山々が見渡せます。白い雪がまだ少し残っているので美しさが引き立つんですねぇ。

農業を営まれている方々が、この農園の指導員として付いて下さる事もありがたいです。頼りになる感じ!!
ここは高原なので、作付けの時期とか、霜の事とか、色々今までの経験では役に立たないことも当然あるはずですからね。
本ではわからない、生の情報がきけるのですから。

役場の担当の方々も気さくで話しやすく、また指導員の方々もわからない事は何でも聞いて下さい!と、
とても親切に教えて下さいました。
農園横の土手に、ゴザを敷いて座ってお話を聞きました。このゴザがなかなか良かった!
子供連れの若いママ達と意気投合し、ヨモギを摘んだりしたのでした。

その間、子供達も小さな水路近くで遊んでいました。
なんかとってものびやかに遊んでいる様子がいいなぁ~♪
写真のバックの大きな山は阿弥陀岳です!

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 2 comments  0 trackback

エアルーム・トマトが届く

珍しいトマトの品種を見つけて、注文してみました。
初めて耳にする苗で、エアルーム種といいます。
エアルーム(heirloom)とは、先祖代々伝えられてきたという意味で、その家族や民の中で何代にも渡って種を採取して受け継がれてきた「家宝種」のことです。
オーガニックです。

種もいろんな種類があり、またネーミングが楽しくて形もユニークだったりします。
けれど、栽培が容易かどうかは実際育ててみないとわかりません。
人間の都合に合わせて作りやすく改良されている品種ではないはずですから。
どうかしらねぇ~?? 育ってくれるかしら?? 高原の土地だし?? と、まだまだ未知数です。

トマトの説明はウェブサイトからそのまま引用しています。

☆トマト・プラム・レモン☆ 
◆1991年の8月、ケント・ウィーレイによって、モスクワの年老いたシードマンから入手された品種で、クリア・イエローのレモンのように先が尖った長さ約8cm、約170gの果実。果肉が詰まってスイートでフレッシュなフレイバー。サラダ、ペイスト・ソース、または素晴らしいイエローのケチャップとして。



☆トマト・ブロード・リップル・イエローカラント☆
◆直径約1.5cm、約4~5gの小さなチェリー・トマトを何百も、1房に6~10果着ける。1900年にインデイアナ州インデイアナポリスのカレッジで見つかったヘアルール品種。タンジー・フレイバーでスイート・テイスト。SSEのメンバーであるジョン・ハートマンによって最初に紹介された。メキシコ・ミジェットとの相性が良い。


☆トマト・オレンジ・バナナ☆
◆先端が尖った、長さ約6.5cm、直径約2.5cm、約50~60gでのプラム形のオレンジ・ペイスト・ソース・トマト。1房に4~5果着ける。スイートでタルトのようなフレイバー。耐病性が有る、万能エアルーム品種。サルサ、サラダ、ドライ・トマト、ペイスト・ソースに最適。ロシア生まれのエアルーム品種。


かなり小さめの苗で、う~んちょっと心配。

何だかトマトの説明読んでも??みたいな感じはありますが、是非この地に適応して育ってほしいです。

段ボールに入って届いたのですが、とりあえず外に出してお水をたっぷりかけておいたのですが、
結構日差しが強かったみたいで…もうちょっと最初は日陰に置けば良かったかも・・・
夜はぐぐ~と冷えるし…
予定通り5月中旬にやってきてくれると良かったのに~と思いつつも、これはしょうがないわね。
いくつかすでに弱り気味な感じがします。 葉がちょっと黄色っぽくなっているのは、元々かしら焼けたのかしら?

ここでの栽培は初めてなので、失敗覚悟でやってみなきゃですね。

そうは言っても、夏の間中、トマトたっぷり収穫したいです。 Good Luck!!

エアルーム・トマト・ファーム

Category : 2009年過去ログ
Posted by CoCo on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。