CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

夏野菜・収穫フェスタ2012

ココットビレッジ主催 夏の楽しみ時間のお知らせです。

『夏野菜・収穫フェスタ2012』@原村 小松農園さん(原村・オーガニックファーム)

小松農園さんのご紹介

イベント内容詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

シングルの方も、ファミリーも夏の畑でとうもろこし、ブロッコリー、キャベツ、トマト、キュウリ、ピーマン、
レタスなど収穫してBBQしませんか?
今回は、独身の方中心に、ファミリーやご夫婦、カップルの参加も広く募ります。
どんな出会いのチャンスがあるかわかりません。
私もここ八ヶ岳山麓に移住してきて、とてもたくさんの良いご縁を感じています。
畑の土に触れながら、八ヶ岳の大地の素晴らしいエネルギーを吸収して育ったお野菜を収穫する楽しみを共有できたらと思います。

今回はBBQ用にお野菜の収穫と、各自のお土産用収穫を致します。
取れたてお野菜は、ダンボールに詰めて宅急便でご自宅へ宅配もできます。
お車の方は、お持ち帰りいただけます。
取れたてのとうもろこしを生で食べるのは最高に贅沢ですよ!!

夏は、夏野菜を思いっきりエンジョイしましょう~♪♪♪

皆様のご参加お待ちしています♪

s-DSC01402.jpg

Posted by CoCo on  | 0 comments 

石鹸ワーク7月

ここ数日一気に夏らしくなりました。
高原の爽やかな風が吹く原村とは言え、日差しがきつい!! 暑い!! もちろん昼間のことですが~。

そんな中、石鹸ワークをしましたが、癒しのアロマな香りに包まれて、新しい出会いが色々あってほんとに楽しいひと時です。
ボディパウダーもサラサラとして、おまけにいい匂いで、夏には特にオススメです。

ご参加してくださった皆様どうもありがとうございました。
石鹸ワークの様子を、参加なさったとっとさんがブログ『私のゴールデンタイム』で書いて下さいました。

私は写真を撮ってる時間なくて、あ、カメラ‥・と思って撮った写真がナスやらジャガイモやらがのったランチのテーブルだけという具合だったので、こちらでご覧になってみてくださいね。

さて、ここ連日2Fのパテ塗りして今日は天井塗りしました。
やっと、これなら、という塗材を見つけたので!!
それ~、突貫工事スタートです。

s-DSC01384.jpg

Category : 手作り石鹸
Posted by CoCo on  | 2 comments 

トウダイ草&カワラナデシコ・ジャパン♪

八ヶ岳自給生活学校の田んぼ組、7月講習では稲の成長期がそろそろ終わり、今度は『穂孕み期』(ほばらみき)となり、出穂期となります。
人間が稲にやってあげることは何もなくなります。
その間は、田んぼに足を踏み入れる事はタブーです。
せっかく伸びて張った稲の根を踏み千切ってはもともこもありません。

なので、土手草刈りをして、最後の栄養分として田んぼに入れてあげます。(入れたい人はです)
そして、回りの生き物や植物観察会をしてきました。
やはり一切農薬撒きませんから、自然がそこだけ豊に残っていて、滅多に見れないような生き物がいたりします。

周りの植物にこんなのがありました。

トウダイ草  なんと複雑な花びらの構成なのでしょう~!!

s-DSC01329.jpg
s-DSC01333.jpg

カワラ・ナデシコ 
ナデシコジャパン♪の名前となったのが、このナデシコです!!
う~ん、かなり地味ではございますが、凛とした意志の強さを併せ持っているような雰囲気があります。
初戦がもうすぐ始まりますね。
土手の草に交じり、ひときわ目立ってすっくと、そしてしなやかに咲いていました。
ナデシコ・ジャパンも頑張って!!

s-DSC01355.jpg


Posted by CoCo on  | 0 comments 

原村 高原朝市

夏休みに入ったのに、のっけから雨模様ですね。
原村第一ペンションの上の広場で、毎年行われている 『高原朝市』
今回も7月21日(土)~9月23日(日)まで開催です。 6:30~8:00頃までです。

ココットビレッジとして、今年初めてですが昨日初出店。
パパさん作のシャビーシックスツールの新作などや、ハーブ&お野菜の苗など出しています。

出店してる皆様とごあいさつしながら、何故か私がお客になってしまった^^

Sweet Gloveさんの新作お菓子 チョコミントスティック & レモンビスコッティー

s-DSC01362.jpg

ガーデン山屋さん  多肉植物は、プチサイズがかわいいですね。
私はどちらかと言うとこのエッグスタンドに入っている事が気に入ってしまって^^

s-DSC01365.jpg

ハンドメイドマルシェさん 原村のママ達手作りのアクセサリーや小物が並んでいますよ!
s-DSC01368.jpg

また、様子など追ってブログアップしていきますね。

Posted by CoCo on  | 10 comments 

根の長さにビックリ!

ベビーホウレンソウを引っこ抜いたら、長~い根っこにビックリです。
思わずオットに「ちょっと持って!!」と言って根っこの写真撮影です。

DSC01160.jpg


なるべく自然な農(ナチュラルファーミング)を目指したいので、見よう見まねではありますが自然の循環の中で野菜や植物を育ててる最中です。

ベビーホウレンソウの種を蒔いて、小さなホウレンソウが育ったからそれでは収穫・・・
甘やかされたお野菜ではないので、しっかりと根が下に伸びたようです。

田んぼ組で自然農の稲を育てていますが、そこでの稲は、一般田んぼの稲と違って根が地上部の稲の長さの2倍程しっかり伸びて張るので、台風などの強風にも倒れない強い稲ができるんです。と、お話を聞きました。

それを証明してくれたかのようなホウレンソウの2倍もあるまっすぐ伸びた根!!
ベビーだけど、葉っぱはしっかりしてましたよ。

Category : 農ある暮らし
Posted by CoCo on  | 2 comments 

ハーブ石鹸&ボティパウダー作り

≪7月の手作り石鹸ワーク≫

只今それぞれの日程 7/23(月)&7/25(水)で手作り石鹸のワークへご参加希望の方お一人ずついらっしゃいます。 せっかくなので参加ご希望の方いらっしゃればご一緒に如何ですか?

夏なので、香も爽やかなハーブ石鹸を作ります。
今回は夏シーズンの必需品…夏の汗を気持ちよく!という事で、自然素材のボティーパウダーも。

携帯用のパウダー容器に入れれば、持ち歩いて使えます。
サラサラしてとても気持ち良いです!
ボティーにパタパタするのに使うのは、もちろんご自分の手のひらです十分ですが、こんなのもありますよ!
ラムズイヤーの葉っぱです。 ふかふかの葉っぱは触っていても大変気持ちいいものです。
柔らかくて、赤ちゃんのお肌にも安心してお使いいただけます。

s-DSC01256.jpg


詳しくはでこちらでご覧下さい♪  ココットビレッジHPワークショップ

Category : 手作り石鹸
Posted by CoCo on  | 2 comments 

フォトブック

6月行ったイベント・「田植えDE婚活」の時に参加なさった方が、その時に撮った写真をフォトブックにしたので、どうぞ~♪と言って持って来て下さいました。

きゃ~、かわいい!!が私の第一声でした!

s-DSC00965.jpg

s-DSC00953.jpg

12cm×12cm 手のひらに収まるプチサイズが、オシャレでとってもかわいい写真集です。

PCに入った写真は、パラパラとめくってすぐに見れないでしょ!!
その点、本になった写真集だと棚に並べておけば、手にとってすぐ見れますもんね^^
写真屋さんでフォトブックにしてくれるそうです。

楽しい思いでがつまった写真集でした♪ ありがとね~!

その田植えした稲の様子です。

s-DSC01128.jpg

ふふふ… うねってるところが、何とも機械的じゃなくて素人の田植えって感じでいいじゃないですか!!


Category : お気に入り
Posted by CoCo on  | 0 comments 

ハーブ達

マスコットのmimiさんに今日はいったい何匹お会いしたことか!!
デッキそばの野菜畑の草たちも元気なので、ちょっと風通し良くしておかなくちゃと思い鎌を持って作業していると、次から次へと草をどけるとミミズニョロニョロ、みニョロニョロ、合わせてニョロニョロむニョロニョロと早口言葉言いたくなるほど、そこらじゅうに居てくれて、ありがたき幸せ!!

ハーブ達も夏を前に花を咲かせています。
・イングリッシュラベンダー(アロマティコ)は、従来のものよりも香りが高く、とても芳醇で色も鮮やかです。
全部は収穫せずに少しミツバチ達に残してあります。
花開く前の今が一番摘み頃です。
ラムズイヤーも、シルバーのふさふさ葉っぱが気持ち良いので、何かに使いたくて今ドライにしています。
タイムも、花がちょっと開いてきた今が収穫時なので、フレッシュをアルコールにつけて抽出してもいいのですが、とりあえずドライにしておきます。

s-DSC01000.jpg

s-DSC01015.jpg

それにミツバチ達が寄ってたかってブンブン賑やかなのは、実はラベンダーよりもアキレア(Achillea)です。
別名 ヤロウというハーブ名が一般的に使われているようです。
s-DSC01058.jpg

白い小さな小花が密集しているキク科で、「セイヨウノコギリソウ」とも言います。
とにかく地下茎でどんどん広がって行きます。確かに、丈夫で耐寒性バッチリです。
アンティークレッド色(ちょっとくすんだ淡い紅色)のもありますが、こちらはまだ花が咲いておりません。

s-DSC01038.jpg

レディースマントルの黄色い小花とアキレアの白い小花
s-DSC01021.jpg

ルー Rue 別名 ハーブオブグレイスと言い、強い香りが虫やハエを寄せ付けないハーブ。
南ヨーロッパ原産で、温かいところでは常緑です。
ここでは常緑とはいきませんが、元気に冬越ししました。
s-DSC01096.jpg

ブラックマロウの蕾
ブルーマロウは横浜にいる時に育てましたが、ブラックマロウは初めてです。
蕾の大きさからすると、花も大きいみたいですね。
お花をティーにしますが、きっとアントシアニンたっぷりの真っ黒なお茶になるでしょうね。
でも、レモンを数滴垂らすと、ピンク色になるのが魔女ティーっぽくて楽しいですね。

s-DSC01102.jpg

あまりに美味しそうなぷっくりとしたイチゴだったので!
s-DSC01062.jpg

フェンネルの森
s-DSC01136.jpg

s-DSC01139.jpg

Category : 農ある暮らし
Posted by CoCo on  | 2 comments 

子供達に原爆を伝える

今年も、「ヒロシマ・ナガサキ原爆の悲惨さ、戦争の酷さ」を伝えるために、原中学校へ出向いて全校生徒の皆さんに朗読を聞いていただきました。

今回は、「被爆者 60年のことば」から、現在83歳 長崎市で被爆なさった谷口稜曄(すみてる)さん、91歳 長崎市で生まれカトリック教徒として育った片岡津代さん、82歳 広島の爆心地から2.2kmの自宅で被爆なさった渡辺美代子さん、の3人の方の体験手記を朗読させていただきました。

谷口さんは長崎に来る修学旅行の学生に自らの体験を語る時、1枚の写真を見せています。
調査の為に長崎入りしたアメリカ人が撮影した写真で、原爆資料館で私も見た事がありました。
背中や腕がやけどで真っ赤になってうつ伏せに寝かされている写真です。

ところで、ヒロシマ・ナガサキがカタカナで表記されるのは、全世界に共通する言葉として使われるようになったからだとご存じでしょうか?
そして、フクシマもカタカナ表記の言葉として残念ながら世界に伝わる事となったのです。

今回たくさんのパネルも校内に展示していただきました。

こういった活動は、私がこちらに来る前からもう10年以上も続いていたのですから、凄いなと思います。
それも、長崎、広島から遠く離れたこの長野の原村という小さな村で!!
不思議ですね。
長崎で生まれ育った私が、こうして関わっているという事。
やはりここにご縁があったんでしょうかね??

そして、慟哭(どうこく)という吉永小百合さんも朗読していらっしゃる詩を朗読しました。
今回は私は映像を主に担当しながら、慟哭の詩の一部を担当。

ところが、今日は、皆さんの朗読がアダージョの曲と共に、心の琴線にピピンときてしまい、自分の読む番が来る前に次第に目頭が熱くなって来て、これはマズイ・・という状態に。
自分のフレーズの終わりあたりは、もう涙声になってしまって、これはいけません。
申し訳なかったです。

映像は生徒達の中に入って操作するので、すっかり自分もオーディエンスになってしまったのかも。
皆さんの素晴らし朗読に引き込まれてしまって!!

何よりも中学生の皆さんにどう伝わったかです。
DVDで当時の映像も映し出しましたので、視覚的に少しイメージ出来たかも知れませんが。

昨年長崎に帰省した折、原爆資料館で2冊本を購入して帰ってきました。

s-DSC01043.jpg

この本は私の好きな「原村図書館」に本日、寄贈してまいりました。
「くり返すまいナガサキの体験」には、谷口さんや片岡さんの手記も入っています。
被爆者の方々の手記が、世界的平和に役立たれるよう、皆さんの目に止まっていただけますように!!

Posted by CoCo on  | 0 comments 

味噌天地返し

遅ればせながら味噌の天地返しをしましたよ。
上下をひっくり返す作業です。

原村は冷涼な気候ですから、味噌の発酵もちょっと遅めです。
開けてみると、周りにはカビも生えていませんでした。(こちらはお預かりしている横浜の友人のお味噌)
塩蓋をきれいに取り除くと…
まだ麹がポチポチと見えていますが、夏になると発酵も進むでしょう。

s-DSC00972.jpg
s-DSC00974.jpg

天地返しをしたら、またラップをして回りを拭いて置きます。

s-DSC00977.jpg

さてまたゆっくりゆったりと、麹に任せておけば自然と発酵を進めてくれるでしょう。

お味噌作りの時に、酒粕で蓋をした方もいらっしゃいました。
私もそれは初めてだったので、天地返しはどうするの?とお聞きしたら、そのまま置いておけばお味噌になります!と、おっしゃっていました。
ふ~む、私も来年はそうしてみようかしらね☆

Posted by CoCo on  | 4 comments 

イタリア野菜 ゴルゴ&エルバステラ

毎年、ちょっと変わったお野菜たちを育てています。
去年は、イタリアのレタス『ハンサムレッド

今年は『ゴルゴ』 イタリア名「バルバビエートラ」というビーツ(砂糖大根)です。

s-DSC00907.jpg

赤い蕪を輪切りにすると、ほらこんなグルグルの模様が!!
ほんとにこんな模様が出るんだろうか?と、半信半疑で種から育ててみましたが、とってもかわいいお野菜が収穫できました。
甘くて、生食にピッタリ♪ 
人気のお野菜になりそうね~^^

もうひとつは、 『エルバステラ』 オオバコ科の耐寒性すぐれたお野菜。

s-DSC00625 (2)

細い葉っぱですが、サクッとした食感。
こちらはホロ苦いお味で、大人のサラダ向けです。









Category : 農ある暮らし
Posted by CoCo on  | 6 comments 

あんずの里へ

ご近所の友人は、この時期「あんずの里」へあんずを買いに出かけます。
昨年頂いたジャムが美味しかったのと、クリスマスのシュトーレンを焼く時にあんずは欠かせません。

私も一緒に連れていってもらう事にしました。

場所は長野県千曲市にあります。 千曲市 あんずの里

原村からは、蓼科ビーナスライン→ 大門峠を越えて大門街道→ ひと山越えると上田市。
ゆるやかに流れる千曲川沿いに走り(77号)、川を渡って千曲市へ。
国道(18号)から粟左の信号を右に入るとあんずの里があり、お店が点在しています。

蓼科を通り抜け、里山の風景を見ながら走り、2時間もかからないくらいだったのでちょっとしたプチ旅でした。

ウェブサイトで通信販売もありますが、直接お店に行くと、その日の朝どり完熟のあんずがお安い値段で店頭に並べられている時があるそうで、この日はラッキーな事にそういう完熟のジャム用あんずを購入する事ができたのでした。10kg箱で、1kg¥300や¥450~などでありましたよ。
それも、早朝に出発した甲斐があったというものです。
完熟のあんずは、手で実を簡単に二つに割って種を取ることができます。

・完熟した紅丸
s-DSC00842.jpg

・シロップ漬け用の信山丸
s-DSC00846.jpg

s-DSC00849.jpg


「信山丸」「平和」「紅丸」などジャム用の種類がありました。

期間は7月中旬位までで、品種など採れるものが変わってくるようで、この時期は、「信山丸」が多いようです。
栽培している農家さんによって品種など多少違いがあるようですから、お店回りも楽しいかも知れませんね。

でも、グルグル回っている間に、これにしようかな?と思っていたあんずが、戻ってきたらもう無かった!な~んて事にならないように、お気を付け下さいな!!

直接購入しに行けない方に、こちらの店舗がネットにありましたのでご参考まで
(今回私が購入したお店ではありませんが)
ちなみに、あんずはベータカロチンが豊富で活性酸素を抑制する抗酸化力があり、悪玉コレステロールの低下にも良いと書いてありました。

あんずの里.com

Category : 旅行
Posted by CoCo on  | 10 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。