CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

ソーラーパネルがやって来る!

『原村の景観を愛する会』 に、応援、そして「会に名前を連ねます!」とおっしゃって下さる方々もいて心強く思いました。

また、近隣に土地を購入してこれから家を建てようとしていらっしゃる方も大変この状況を危惧され、役場にも問い合わせていらっしゃいました。

設置場所となるところ  約5000㎡

s-PC033200.jpg

周りに鉄条網のような格子フェンスが張られます。 南向きに設置されるので、道を挟んで美山の里側にある家々に向かってパネルが並んで見えることになります。
20年間、中部電力が高価格で買い取ることになっているそうですが。

農場(八ヶ岳農業実践大学校)から鉢巻道路に出て、美濃戸口と、蓼科へ向かう道と二股に分かれている場所を、蓼科方面へ走ると、そこには巨大なその名の通りメガソーラーがドド~ンと並んでいます。

先日そこの近くに住む方が、せっかくの景色が台無しになってしまった!!ここの美しい自然と景色が好きなのにとっても残念でならない。見て来てごらんなさい。ヒドイですよ。と、おっしゃるので見て来ました。 

それがここ 原村と茅野市の境目で、このソーラーの設置場所は茅野市

s-PC033202.jpg

s-PC033208.jpg

この景観を見て、どう思われるでしょうか?

もし、茅野市と同じようなパネルが八ヶ岳の山々を見上げる景観の中に点在するとすれば・・・
原村の素晴らしい田園がセロリ畑やほうれん草畑やパセリ畑ではなく、ソーラー畑になるとすれば・・・
想像してみて下さい。

そんな景色の中で子育てしたいと思いますか?
子供の記憶の中の故郷の景色には、一生このソーラーパネルが記憶されるのです。

そして、この景色は美しいですか? ずっと残したいですか? 


Posted by CoCo on  | 2 comments 

2 Comments

ky says..."I agree with you!"
CoCoさん 私も全面的に賛同します!この写真の場所、本当にひどいです。今の家を建築中に蓼科から通いましたがお天気の良い日にはよく遠回りしてこの道をドライブしました。チェルトの森から鉢巻道路に向かって走ると、目の前に広大な草原が広がり、その向こう側に針葉樹(多分)の森、さらにその背景には八ヶ岳の山々。「まるでカナダかどこかに居るみたいでしょ!」と何度友達を案内したかわかりません。去年いきなり道沿いに妙なフェンスが出来たと思ったら次にはあのメガソーラー。悲しくて悔しくて腹立たしいです。
お正月が過ぎたら春までしばらく留守にしますが、私に出来ることがあれば是非お手伝いさせて下さい。
2014.12.04 21:54 | URL | #- [edit]
CoCo says..."Re: I agree with you!"
kyさん、ご賛同ありがとうございます!

お気持ちほんとによくわかります!
この近辺は、私も外国を走っている気分になります。
日本の里山とはまた違った雰囲気があり、日本ではこのような景観の場所は少ないと思いますよ。
ほんとに、あの物体を見るにつけ、精神的苦痛をうけます。
ソーラーがダメというのではないんです。あのズラリと並んだパネルが景観を壊しているんだという事実を、エコエネルギー開発会社さんも真摯に受け止めてもらいたいですね。
是非、景観についての意識がもっと広まるように宜しくお願い致します。
2014.12.04 22:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。