CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

ソーラーパネル設置業者さんに住民説明会をお願いしました!

とうとう茅野市は、環境・景観問題を重視し、独自の条例を設定する事に決まったそうです。
住民の方々が大いに声をあげていらっしゃいましたね。
メガソーラー建設が自由にできないのです。 行政がずいぶんと前向きに考えて下さったという事です。

私はソーラー自体がダメだと言っているのではないです。個人や企業の建物の屋根に設置する分にはいいんですよ。
けれど、大地に金属質のパネルが広範囲に並ぶことは、景観を壊し、環境を壊し、観光的な価値を下げ、近隣の土地の価値を下げ、周りの人々に精神的苦痛を与える(そう感じるのは私だけではないと思っていますが・・)と思います。
この場所は、リビングゾーンで規制がかかっていない地域なのですが、別荘地として売り出した場所があり、景観を重視するので電線を地中に埋めて北アルプスの景観が美しく見えるように開発されたところもあるのです。

『日本で最も美しい村』連合へ加盟を目指す事が、昨年9月の原村議会で了承されたのですが、その内容は
『日本で最も美しい村』連合は、小さくても輝く地域資源を持つ町や村が誇りを持ち、美しい地域づくりを行うこと。
住民による町づくり活動を展開する事で地域の活性化や自立を推進すること。
景観、環境及び文化を守り活用する事で、観光的な価値を高め、地域経済の発展に役立てる事等を目的として活動しています。 (広報はら11月号より抜粋)

ところがメガソーラーが休耕地に、これからいくつも設置される状況は、この美しい村連合の指針と逆行していると思うのですが?
原村には、これからも何か所かにメガソーラーの設置申請が出されているそうです。
これからの原村の方向性を、村民に説明して欲しいです。

さて、原村暮らしの大先輩である近隣の方と一緒に区長さんのところへ話を聞きに行ってきました。
とても快く話をして下さいました。 区としては設置をした後の水の流れに関して、指導、チェックを業務としていらっしゃるという事でした。

私は、パネルを設置する業者さんに、色々とお話を伺いたい事もあるので、説明会をして頂きたいと思っています。
その業者さんのHPを拝見すると、その環境に対する理念は素晴らしいものをお持ちでした。
役場に行き、その事を伝えましたら、直接連絡を取ってみて下さいとのことでしたから、諏訪市の太陽光発電業者さんに直接電話し、12月中に説明会を開いて欲しいと要望をお伝えしました。

1.jpg

Category : 景観
Posted by CoCo on  | 2 comments 

2 Comments

issy-family says...""
日本では景観の美しい場所に住むということ自体がとても難しいことになってきているのを感じます。
いやなら世捨て人のように人里離れた場所に住むしかないのか、厳しい世の中です。

再来週には、家族が原村に帰るので、及ばずながら何かお手伝い出来る事があればおっしゃってください。
手遅れになる前に、まだやれることはありますよね。
2014.12.07 11:19 | URL | #- [edit]
CoCo says..."Re: タイトルなし"
issy-familyさん、北杜市では、メガソーラーの設置が間違いだったと気が付き、もうこれ以上設置されなくなったと聞きました。南麓を走るとほんとにここが八ヶ岳のリゾート地なの?と思われるくらい田園の風景が壊されています。
八ヶ岳の上空から下を見下ろしてみたらどうでしょうね。どんな風景が広がっているのか!!
イギリスに住む友人は、地べたにソーラーなど見たことないと言ってましたよ。

> 再来週には、家族が原村に帰るので、及ばずながら何かお手伝い出来る事があればおっしゃってください。
> 手遅れになる前に、まだやれることはありますよね。
はい、きっとあります!! 
村も、業者さんも、私達も、みんながこの地域を愛し、活性化を望んでいるのですから。
まずは話し合ってみることです。
2014.12.07 22:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。