CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

第5次原村総合計画

昨晩、役場で開催された第5次原村総合計画のワークショップへ参加してきました。
原村の良さは、小さい村だからこそ住民の意見やビジョンを行政が汲みあげてくれるところです。
行政だけで動かしているのではなく、ちゃんと住民の声を聞いてくれる姿勢がいいと思います。

10年先の村の状況(人口や年齢層)などを予測し、原村としての将来をどう考え、その為にどういう対策をして行くのか、力を合わせてより魅力的な村にしていこうという趣旨のワークショップです。

事前に無作為に取ったアンケートの結果を見つつ、第1回目は、10年後の原村及び諏訪地区の人口推移、年齢別推移、地区ごとの生活環境における満足度の高い項目と、低い項目、原村に住み続けたい理由や村外へ移りたい理由から見えてくる暮らしやすさについて、「日本で最も美しい村」連合への加盟について、など資料を元に説明を受けました。

s-P2053797.jpg

s-P2053799.jpg

s-P2053795.jpg

s-P2053796.jpg


原村も、もれなく高齢化を迎えます。10年先どころではない、数十年先を見越したビジョンが必要で、その実現に向けて数年後ごとに何をしていけばよいのか!
都会に出た若者が力をつけて、帰れる、そして帰りたくなる村であってほしいです。
何世代も先のビジョンはほんとに必要です。
それは、必ずしも新しい都会的なものへの変革という事ばかりではないと思っています。

参加者の方からは、地方が抱える問題はどこの行政でも同じようなことだけれども、どこの行政にもあてはまる様な一般的な総合計画の策定ではなく、やはり原村は独自の原村らしい魅力を最大限活かせるような高いビジョンを持った計画を考えていってほしいというご意見が出ていました。

大賛成!!心の中で大きな拍手を送っていました♪

第2回は、2月18日 テーマは「自然環境・生活環境」についてです。


Posted by CoCo on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。