CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

エコビレッジ講演会

エコビレッジ講演会が、原村中央公民館で開かれました。
原村の将来エネルギー戦略は、こうあればいいのではないか?という内容のお話をして下さったのが、諏訪東京理科大学の教授でいらっしゃる奈良松範氏

1423823614211.jpg

『風土性』を考えた新しいエネルギー利用を、誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分たちが何をやれるか、子供たちの将来を見据えて今からどう準備していくのかを一緒に考えていきましょう。と、チラシに書いてありました。

もちろん、住人がまずはエネルギーを無駄に使わない暮らし方をする事が前提ですね。

ドイツ シェーナウ村は、自分たちの村独自の再生可能エネルギーで自立を可能にした村です。という紹介から、原村も独自の風土を生かした再生可能エネルギーを用いることによって、自立した村を目指していけるでしょう、というお話でした。

今後化石燃料は枯渇するであろう事は、周知のとおりですね。
シェーナウ村は、太陽光発電を使っていますが、教会や学校や企業や家々などの屋根に設置されており、現在日本で見られるような投資目的の木々を伐採し、自然を壊してまで地べたに設置されるような太陽光発電の在り方とは違っています。

また、原村の風土性を考えた時に、自然豊かな美しい村であるところに、パネルが広がっている風景はこの八ヶ岳を訪れる人々には興ざめだろうし、買い取り価格がどんどん下がるのは分かっているので、10年後、20年後の次世代でそのパネル自体も置き去りにされる可能性もある(廃棄物処理に大金が必要だから)し、個人的にはお勧めしませんね。
とおっしゃっていました。

原村で、自前のエネルギーを作るには、①小水力発電 ②生ゴミ発電(作物くず、雑草刈りかす、間伐材など) ③みどりエネルギー(葉緑素発電、間伐材、腐植土発電) ④地熱エネルギー(温泉排湯、氷雪熱、地下水熱)など。

ゴミ(有機性廃棄物)のカスケード利用 カスケードとは資源やエネルギーを1回きりの利用ではなく、その次の段階のものを別利用していき、多段階で利用できるため、資源を効率よく利用できるというものです。

1.水素生産→発電 
  2.その残渣で、メタンガス生産→発電
    3.その残渣で、コンポスト生産→減量化された汚泥を肥料化


1423835791027.jpg

☆上記内容は、配られた資料によるものです。

原村はせっかく小さな村だから、その村でエネルギーを自前で生産し自給できるようにすればどんなにいいでしょうね。
原村には一人乗りの電気自動車も走っています。 かわいいんですよ。
運転しているのは、これもかわいい女性ですよ♪

Posted by CoCo on  | 2 comments 

2 Comments

Poran says..."この記事の内容を紹介させていただきました"
この記事での奈良教授の講演はとても良いお話で、大いに参考になります。私の暮らす、蓼科中央高原入口に現在建設中の太陽光発電パネルの問題にそのまま当てはまると思えます。そこで、私自身のブログにこの記事を一部転載し、紹介する記事を書かせていただきました。
こちらです→http://poran1111.blogspot.jp/2015/03/blog-post_2.html
事後になり恐縮ですが、この紹介記事についてご了承いただければ、ありがたいです。
もし私の紹介記事について、支障がある、あるいは具合が悪い点がある場合は、お手数ですがお知らせください。その場合には、修正なり、削除なりを直ぐにいたします。よろしくお願いします。
2015.03.02 23:15 | URL | #RT8riOb2 [edit]
CoCo says..."Re: この記事の内容を紹介させていただきました"
Poranさんのブログ拝見致しましたよ。
ありがとうございます。
エコビレッジ講演、大変興味深く良かったですよ!
再生可能エネルギーの活用はこれからの将来にとって不可欠ですね。
しかしながら、再生エネルギーの使い方を間違ってはいけないと思うのです。
また、こういった講演会があればお知らせ致しますね。






> この記事での奈良教授の講演はとても良いお話で、大いに参考になります。私の暮らす、蓼科中央高原入口に現在建設中の太陽光発電パネルの問題にそのまま当てはまると思えます。そこで、私自身のブログにこの記事を一部転載し、紹介する記事を書かせていただきました。
> こちらです→http://poran1111.blogspot.jp/2015/03/blog-post_2.html
> 事後になり恐縮ですが、この紹介記事についてご了承いただければ、ありがたいです。
> もし私の紹介記事について、支障がある、あるいは具合が悪い点がある場合は、お手数ですがお知らせください。その場合には、修正なり、削除なりを直ぐにいたします。よろしくお願いします。
2015.03.03 01:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。