CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

トウモロコシの美味しい写真

”最高の贅沢~もぎたてのトウモロコシ”

  今年こそは自分達の口に入るように頑張る~と気合を入れたせいか、種を蒔いてから順調に育ち、ある程度の大きさに伸びてきたら、鳥にやられないようにヒモを張りネットで囲い、途中1回肥料を施し、後はトウモロコシのヒゲが茶色になるのを待つばかり・・・という状態でした。

トウモロコシは1本につき1個しか実が採れませんから、かなり効率が悪いのです。
広い土地が必要です。
ですからCoCo's ガーデンではかなり貴重な存在なのです。

そのトウモロコシ・・・今朝収穫しました。 

 甘すぎて~ ごめんなさい! こんな美味しいトウモロコシをいただいて・・・

皆さんにおすそ分けしたい気分なのですがちょっと無理なので写真で我慢してね!

ちょっと大き目のプランターなら出来るかも知れませんね。そんなに難しくはないですよ。
我が家ができるぐらいですから・・・簡単!


それはそうと、BRICSと呼ばれる新興国の経済が大変元気です。
経済が右肩上がりの状況下では、人々の暮らしが物理的に豊かになってきますから購買意欲が旺盛に!こういう国々での食料の需要が増してきているらしく、ジワリ陳列する食料品の値段に跳ね返ってきているというレポートを読みました。つまり世界的には値段が高くなってきている。 まだ日本ではさほど感じませんが日本の場合は自給率たったの40%で、後は輸入に頼ってます。この先を想像するとウ~~ム!!

これから何をやっていこうかともし迷っている若者がいるならば、私は農業大学か農家で実習して自分で作物を作れるようになりなさい!とアドバイスしたいぐらいです。
世界には大量の農薬で作物を栽培しているところがまだまだあります。
そうではない作物の栽培方法を学び自分のものにすることができれば、その技術が多いに活用され活躍していけると思っています。
豊かな日本にするには、この若いエネルギーで自給率を上げること!ではないかしらね。
政府が一番力を入れなければならない事は、老後の保障とこの自給率アップを最大限に支援することだと思っています。
 
   「若者よ!田舎へ急げ!」というキャッチコピーを思い出しました。

※WWOOF(ウーフ)という世界共通システムがあります。
 
 農薬や化学肥料を使わずに作物を育てる農場で1日6時間ほど働くかわりに、農家は食事と宿泊場所を無償で提供するという世界共通のしくみ。お金のやりとりのない、シンプルな旅のかたち。
   WOOF Japan のウェブサイト→ http://www.wwoofjapan.com

    


Category : 2007年過去ログ
Posted by CoCo on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/192-3d638cf8
該当の記事は見つかりませんでした。