CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

国会議事堂見学(スペシャルコース)part2

<前回の続き>

本会議場は、天井はイギリス製のステンドグラスで外の自然光が入ってきてはいるものの、蛍光灯は一切使われておらず白熱灯のみです。かなり薄暗かったですね。
おまけに、座席の狭いこと狭いこと!!背もたれは直角ですしね。
私はそんなに背が高くないので、座っても膝が前の座席にかろうじてくっつきませんでしたが、今の若い議員さん達の背格好に対して、この空間の狭さは(時に、こじんまりした空間は居心地良かったりもするのですが・・・)やはり、苦痛でしょう~。この状態で数時間も座っているわけですから、かなりきついらしいです。
ふ~む・・・これはいろんな意味で、議員数を減らして空間を確保してはいかがだろう。

座席は、当選年数の若い順に前から並んでいますから、大御所になるほど後ろの方ですね。
何故かと言いますと、若い議員さん達は、ヤジを飛ばすお役目があるから。

会議場の後と左サイドにはカメラが設置されるように設置台が置かれています。
面白いことに、記者やカメラマンは国会のリアルタイムな情報をいち早く記事ルームへ送るために、「ダストシューター」ならぬ「記事シューター」を使って記事を送っていたそうです。
今はPCがあるので、この記事シューターは使われていないのだそうです。

無垢のりっぱな木に、とても精巧な手彫りのデザインが彫られていました。
これらは、 士・農・工・商 を表わしているもので、つまり全ての国民のための国会なのだ!という表わしなのです。 ほんとにそうあって欲しいです。

その他、普段は入れない総裁室や、国会図書館、議員食堂などにも案内していただきました。
<総裁室> ※ちゃっかり座ってきました。お許しあれ~!

<国会図書館> ※出版された全ての本が置いてある (自費出版は除く) 
※全国の新聞が集められている棚 (思わず出身地の新聞を捜してみました。)

<議員食堂にてお昼> ※カウンターでお寿司もにぎっていました。

<議員バッジ>
<国会の時計>

※国会内の全ての時計は、一箇所で管理されているので、一つ一つ時間を合わせるようなメンテナンスはしない。こっちが進んで、あっちが遅れている・・・などというような我が家のような時計の状態はありえないのです。

さて、この日は予算委員会のTV中継が行われている日でした。
ラッキーにも、その場を見学させていただけることになり、いそいそとついて行きました。

※ ちょうどお昼の休憩時間で、会議室はお掃除タイム!2階席のカメラがたくさん並んでいるところに、座って30分程見学しました。 会議が始まると写真は撮れません。手荷物全てロッカーに預けて入ることになっていますから。

ちょうど、民主党の前原氏の質疑でした。
福田総裁やら小池百合子氏や佐藤ゆかり氏(やはり目を引く?)などなど、テレビでお見かけする議員の方達がいらっしゃるではありませんか!!
会場は思っていたよりも狭くてビックリしました。

それにしても大正9年~昭和11年までの17年間をかけて建築された国会議事堂に携わった工事関係者は、254万人なのだそうです。素晴らしい建築物でした。
真っ青に晴れていましたが、風が強く寒かった一日。
案内してくださった議員さん、秘書の方、同行した皆様、大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。

Category : 2008年過去ログ
Posted by CoCo on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/271-72e8a816
該当の記事は見つかりませんでした。