CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

国民年金のことで訪問者が!

今夕方、ピンポ~ン♪と訪問客を知らせる音が。
室内の対応機で確認すると、『国民年金のことでお知らせに伺いました。』と言うではありませんか。な~んともうさん臭いなぁ!とまずは警戒しながら出る事に。

こういうものですが・・・と首から提げた身分証明書を見せてくれましたが、これがまた見にくいし、まじまじず~~っと見るわけもいかず。
そもそも、身分証明書自体、本物かどうかなんてわかりませんよね。
これが、本物の身分証明書ですよ・・・とネットで公開していれば、確認できるけれども
同じようなものを作って悪用されかねませんから、それもちょっと無理だしねぇ。

用件は、うちの娘の年金のことで、学生の間、納付控除申請をしていたのですが、最近は卒業後すぐに就労するケースが以前と比べると少なくなり、国民年金を納められない人が増加しているので、その救済措置として、卒業後も未就労の申請をだしてもらえれば、払わなくてすむのですが、知らない方も多いので普及活動の一環です。
といった内容のお話でした。
つまり、将来の年金額は減るけれども、年数は加算されるので受給資格は大丈夫ということ。

そういう申請があるのは知っていましたし、娘も日本を離れていましたが、帰ってくるので伝えておきます。
と応えましたが、何だかくどく説明して的を得ない!
とにかくわかりましたから!!! せっかくですが、今この場で申請書類は必要ありませんから。と
丁重にお断りして帰っていただきましたが、何だかすっきりしないモヤモヤが~。
これは、社会保険庁に確認した方がいいかもしれないと思い、すぐに電話をかけました。
ですが、国民年金課がかなり電話が混雑してまわせないと言う事なので、今度は、区役所の国民年金課に電話しようとHPを開いてみたら、「電話や訪問者に注意!!」といった記事が目に飛び込んできました。

ぎぇ~っ! 

と思いつつ、こうこうこうで・・・とお話すると、こういうお返事が。

「社会保険事務所では、民間に委託してそういう個別訪問もしています。
地域によって、今月は××区と言った感じで一斉にやっているわけではありませんが・・」

そんなの聞いてないよぉ~!  
広報が十分行き渡っていないようなのですが・・・という優しいお答え。

委託している民間の会社は1社だけで、『もしもしホットライン』という会社名なのだそうです。
ですから、それ以外は偽者ということになるのです。
逆に、『ハロー ホットラインさんですか?』と聞いて、「はい。そうです!」と応えた場合は要注意!と言う事ですね。

今となっては、訪問した方が正規の委託会社の方がどうかわかりませんが、社会保険庁の民間委託での戸別訪問は無駄な税金の使い途だと思いますが。

このご時世に、紛らわしいですよ!
知らない人にお知らせするのが目的ならば、メディアを使って他の方法でやったほうが時間も短縮できますし、若い方たちの目につきやすいのでは?
とても戸別訪問が有効的だとは思えない出来事でした。

といっても、未納がなければ来ませんけどね!

Category : 2008年過去ログ
Posted by CoCo on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

hiro says..."No title"
我が家も未納のやつらがいる・・・・

若い時は 年をとって働けなくなるなんてこと考えられないでしょうね。
自分もそうだった。

2008.02.27 06:47 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
そうですね!
だけども、ストックして然るべき国民が納めた年金をすり減らしてしまうような国のお金の使い方に対しては、はい、そうですか!と納得のいくものではないのも確かですよね。
制度とは言え、これから先の若者は大変です!
こういう社会を作ってきた大人達の責任も大きいぞい!
フレ~!フレ~ 若者!
2008.02.27 08:34 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/281-0d6556ca
該当の記事は見つかりませんでした。