CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

壁下処理

すっかり内装屋になってきました。
初めての漆喰壁塗りですから一番目立たない狭い場所…寝室内のクローゼットが適当です。

ここのボードの壁の下処理のため、パテ(穴埋め)を塗りこんでいたのですが、乾いてくると水分が吸い取られパテ自体が痩せてくるので、埋めたと思っていても翌日にはアレ?凹んでる!! という状態になってしまうのですね。更に、私はセッセとパテを埋めていたのですが、、、

これには、パテ埋め用のメッシュテープを貼って、その上からパテを塗りこんでやるといいのだそうで、これをすれば壁のヒビが入りにくいのだとか!! 一体あの労力は(>_<) 
それを教えてもらったので、その夕方ホームセンターへ飛んで行ったのです。
売ってあったのは、これです!  ただ、数か所補修するのにはこれくらいでも足りるでしょうが…壁一面に何個いるんだぁ~!!!!!
とりあえず無くては次のステップへ進めませんので1個購入(1個しかなかった)して、翌日ペタペタ貼りましたがすぐなくなりました。
ボードのつなぎ目だけじゃなく、釘のあたまにも貼ります。

そこで、いつもの工務店マネージャーMさんに即電話。 これこれ、しかじか…メッシュテープがいるんですけど~♪
すると、すぐに家までたっぷりまいてあるプロ仕様のメッシュテープを持って来てくれました。
何というフットワークの良さでしょう~^^ 一巻き¥2000で譲っていただきました。
お陰で仕事は中断することなく次のステップへ。

壁には漆喰を塗るつもりでいます。これも色々いい自然素材のものが国内外にありますが、寝室とクローゼットには、ドイツのプラネットアースの漆喰を使ってみる事にしました。
この漆喰も練ってあるのですぐにローラーや刷毛で塗れるようです。
ドイツKOBAU社の下地用クロスの上から塗るとやりやすいと書かれていたので、こちらも一緒に用意しました。
クロスを貼るには糊が要りますが、やはりホルムアルデヒドなどシックハウスの原因になる化学物質を一切含まない『ルーアマイルド』という安心な糊を用意しました。
水で2倍くらいに延ばしますが、刷毛で延ばしていると真っ白なメレンゲみたいでしたよ。

ここに住みながら内装をしていくのだし、自然素材で、できるだけ心地よい空間であってほしいですから。 

壁クロスに糊を塗って、パテで下処理した壁に貼って行きました。 ここはオットの出番でしょう♪ 
KOBAU社のクロスはたわみやしわにならず、思っていたよりだんぜん使いやすいものでした。
このクロスはルナファーザーではありませんでした。(設計士さんに間違えて答えてしまった!すみません)
結構貼るのは大変ですよぉ~と言われてたのですが、物が違っていたので納得です。
なかなかうまく貼れたみたいです!!と常に前向きに…

後は、この上に漆喰を塗ります。

Category : 2010年過去ログ
Posted by CoCo on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

hiro says..."No title"
完成する頃は内装屋のプロになっていそうね~

風邪引いていませんか
寒いところでの作業はきついね、
腹巻、スパッツ、ほかろんで暖かくしてください

ここのブログ 家造りのアルバムになっちゃいますね
2010.01.24 07:25 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
ほんとね。いつ何やったかす~ぐ忘れる今日この頃なもんで(あ、今日この頃以前からそうだった!)ブログがいいアルバムがわりになりそうですよ!
風邪はお陰さまでまだ引いてないのよ。
この前寝る時に、久々湯たんぽなんぞ入れてみました~^^
2010.01.24 22:21 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/514-fa39c28b
該当の記事は見つかりませんでした。