CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by CoCo on  | 

諏訪の酒蔵巡り

飲めない奥さんで良かったわねぇ~と皮肉を言われつつも、オットは「はい、ごもっとも~!」とニンマリしながら心はすでに酒蔵へぶっ飛んでいたのです。
ささやかなオットの楽しみですからね!お付き合いしましょ!!
茅野在住の友人をピックアップして、いざ諏訪の町へ。
上諏訪の駅には、結構な人出があり、皆さんそこで酒蔵めぐりのパスポートを買ってお猪口を貰っていました。
そう言えば、諏訪に単身赴任をしていらした友人M氏も、赴任中にこの酒蔵巡りを楽しんだのでしょうか~?

5つの酒蔵 『真澄』 『麗人』 『横笛』 『本金』 『舞姫』 プラス 『山田養蜂場』

ぶらぶら歩きながら、それぞれの味を一度に堪能できるとあれば、日本酒好きにはたまらないでしょう。
私も日本酒の香りは好きなんですよ。あこ天然酵母が醗酵した時の香りは抜群にいい香りです。
この酵母は、米と麹からできた天然酵母ですから、納得です!

まずは、一番奥に位置する山田養蜂場にて、はちみつジュースをいただきました。
テーブルにはお菓子まで用意されていて、おまけに蜂の巣丸ごとのハチミツまで出してくれました。
サービス頑張ってましたね。
ローズマリーのハチミツというのがあって、興味がそそられまして~ゲットです!
今度パンに入れて焼いてみようかと思ってますが。。。

『真澄』では、白い陶器に御柱の絵が描かれたお酒が置いてあって、お土産にするのにピッタリなのがありました。
お酒だけではなく、色んなおつまみをテントで用意していました。中には、揚げたてのコロッケなどを持ち歩いて売っていた若い人もいて、けっこう売れてました。
嬉しい事にコーヒーもあったので、私はこちらを飲む事に!

『横笛』では、外国人の方たちがやたら居て、楽しそうに飲んでましたねぇ~。
日本語で、僕イギリス人なんだけど~なんて、利き酒を注いでくれてる人に話してる人もいたし、見るからにラテン系の人もいて、何だか場に馴染んでる。
ここでは、きゅうり丸ごと1本の漬物が人気を呼んでいました。私も、当然ながらこれは食べたい!
美味しかったので、白いご飯が欲しくなってしまいました。 次回、是非小さいカップにご飯を~^^
あ、それこそおにぎり持参という手がありますね♪

『本金』 -ほんきん- では、酒粕サブレというお菓子やチョコレートが売っていました。一番小さな酒蔵です。この店を出たところで、かわいい黒ラブちゃんが、ご主人を待っていました。

『麗人』では、入り口横にボランティアのおじさんが、手作りのおつまみを皆さんにふるまっていました。
さっき、真澄のところにいた人です。
9種類くらいあったと思いますが、この手にのっているお豆さんがメチャクチャ美味しかったですよ!
「この枝豆美味しいねぇ~」と言ったら、「これは枝豆とは言わないんだよ。浸し豆というんだよ!」と教えてくれました。 それに、蕗味噌です。 これもやっぱりご飯が欲しくなる~。
こんなサービス嬉しいですね!!
ここでは、アンケートに記入すると豚汁引換券を貰えました。
ビール3種類のお試しもありましたよ。 ここでしばらく地元のおじさん達と座ってお喋りしてました。
何だかいい感じ♪ ほれ、つまんでよ!とお箸まで出してくれて・・・

『舞姫』のところでは、向かいの空き地にやはりテントが張ってあって、きのこ汁が無料でふるまわれてました。こちらも温かく美味しい♪
舞姫のお隣で、「利き水」をやってて、霧ヶ峰のお水をあてるのだったけど、2分の1の確率なのに見事外れてしまった。

年代物の建物が風情があっていいですね。強いて言えば、川越みたいに通り全体がこういう古い建物で統一されていて、それぞれに地元のものを売っているお店が並ぶともっと活性するような気がしますが。。。
私が思うに、地方はその街並みや生活を都会に近づけることが活性と発展につながると思い込んだのが、ちょっと誤算だったかもしれないね。おかげでどこも似たような街並みになっていたりする。大型店舗が立ち並んでね。
今では、昔の風情をそのまま残して、昔ながらの自然を暮らしに取り入れているような町や村が人々を惹きつける!!ヨーロッパは、その点がとても羨ましい♪

さてさて、余談になってしまいました。
とにもかくにも、この酒蔵巡りは、若い人達もいっぱい楽しんでいて、なかなか雰囲気が良かったです。
酔っ払いが寝そべって~みたいな光景は見ませんでした。
私たちも、気持ち良くいい時間を過ごせました。


Category : 2010年過去ログ
Posted by CoCo on  | 10 comments  0 trackback

-10 Comments

hiro says..."No title"
運転手お疲れ様~
飲めない人でもそれなりに楽しめるんですね
良い企画だわ♪

日本酒はどれを飲んでも違いが分からず、しかも酔ってしまえばますます同じになってしまう私ですが
ほろ酔い気分のあの気分は好きですね~
次回開催はいつ?一緒に楽しみたいわ♡
2010.03.22 07:15 | URL | #79D/WHSg [edit]
おちゃ says..."No title"
最後にお書きになった部分、同感です。日本も、こういう酒造元のような建物でズラッと街並みを保存出来れば、もっと観光産業も充実するでしょうにねえ。信州で言うと木曽の馬籠や奈良井等がかなり頑張りましたが。

建物の建て替えサイクルが短く、独自の建築様式を捨ててしまい、色彩や新建材がぐちゃぐちゃで電飾看板が溢れたような建物が並ぶ通りばかり。

ここもかなり自動車が走ります。でも歩行者と自動車の分離がないですよね。「呑みあるき」だけれど、危くて安心して酔えるほど呑めない(笑)。

HPにコッツウォルズのことをお書きになっておられますが、数百年を経た建物がそのまま周囲の風景と同化して行く様子は美しいものですよね。高さが一定の範囲に抑えられ、近隣で採掘された石で外壁の素材にも一定の統一感があり、通りに立つ人が風景を見て安心出来る。もちろん電柱なんてないし・・・。私が英国で住んでいたのは何でもない郊外の街でしたが、今思い返しても、日本の現状と比較すれば、かなり美しいところでした。ため息。

話は変わるのですが、我が家(鎌倉)の近所の酒屋さんが安曇野の出身の方で、真澄を置いておられます。あっ、呑みたくなって来た。
2010.03.22 10:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
hiroさん ふふふ・・・ホロホロ~な気分満喫しましょ♪
帰りも安心よ!ド~ンと私にお任せ下さいな^^
次回開催は、10月9日の土曜日で~す(*^^)v
2010.03.22 11:38 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
おちゃさんもやっぱり同じように感じておられたのですね!
私も何度ため息をついたことか!!
煌びやかではないしっとりとした美しさがとても心に残りました。
去年の夏はオットとレンタカーで、ヘレフォードシャーのレミンスター近郊の小さな村を拠点に回り、まだ訪れていなかった北部コッツウォルズを通って帰りました。
日本もこれからもっと景観を重視する街づくりを進めていけるといいですね。
行政に携わる方々はヨーロッパの国々に視察に出かけているはずなのに、これまで改善されてこなかったのは残念でなりませんね。
これからに期待したいところです。

おちゃさん、もしや今頃は片手に真澄をお持ちでホロホロ気分なのでは・・・^^
2010.03.22 12:01 | URL | #79D/WHSg [edit]
おちゃ says..."No title"
そうです。まったく同感です。
ヨーロッパなら、都心もとても歴史を感じさせる街並みに感心するし、都心から少し離れるともう素敵な田舎道。一方、日本。東京駅を新幹線で出たら、どこまで行ってもビルと工場と住宅。それもなんだか雑然としていて、言葉は悪いが「汚い」。これが経済大国なのか??という風景がずーーーっと続きますもんね。

昔、今となっては笑い話ですが、自然環境を求めて相模湖町に引っ越し。雑木林と畑が続き、遠くには山々が見える土地を買い家を建てたら、それが全部なくなり隣はカラオケスナックとその駐車場になり、夜中まで騒音と酔っ払い運転に悩まされることに。

これに懲りて原村に土地を買う時は、なんとも「分譲地風」でつまらないのだけど三井の森の別荘にしました。新興住宅地風別荘地は嫌だが、山林や畑を買って隣接地の開発が予測不可能なのも嫌。なんだか究極の選択でした。どっちもどっち。日本ってどうしてこんなことで悩まないといけないのか?

景観や住宅には興味があります。鎌倉の住宅地(自宅)では、住民協定違反の土地売買や建築工事が頻発することにちょっと嫌気がさしています。あまり騒いでもご近所と角が立つし。
2010.03.22 14:39 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
ほんとに素敵な田舎道なんですよね♪
鳥達の産卵期だからと、田舎道のブッシュを鳥の雛たちが巣立つまで刈り込み禁止にしておく配慮が何とも粋じゃぁありませんか!!

それにしても、住まう環境で大変な思いをなさったのですね。
今となってはその状況から抜け出せたのは何よりですね。

ここ原村は景観を美しく保つように大きな箱物を作らないという村長さんの方針らしいです。山々を愛するアルピニストだったという事からも納得できます。
鎌倉も景観保全の為の条例?が結構しっかり決められているところだという認識がありますが、色々と大変そうですね!
どうしてここに、こんなものが~!!景観台無し~なんてことありますから。

携帯電話のアンテナもその一つ!
建てるな~とは言わないまでも、やはり景観に配慮して鉄塔を隠すようにしてほしいです。
密かに思ってるんですよ。どこの携帯電話会社が、真っ先にそこに気付いて配慮するかなぁ~って!!
それができる企業トップがいてもいいのに^^

2010.03.22 21:06 | URL | #79D/WHSg [edit]
tama_ajisai says..."No title"
こんばんは~。
行ってきたんですねぇ。何だかたのしそうですね。
たまには町中ほろ酔い気分でみんなhappyになれるのもいいですね♪

そういえば富士見駅近くにも古い家並みが残っていますね。
日本国中どこにいっても似たような景色になってしまって
地域性がなくなってきているので、できれば後世まで大切に受け継いで欲しいものです。
2010.03.22 22:48 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
tama_ajisaiさん お早うございます。
今日はどんより曇ってますねぇ~。
諏訪の酒蔵めぐり、楽しいイベントでしたよ♪
帰り道、歩きながらあのお酒が気に入った、とかあれが良かった・・・
なんてお喋りしてたら、すぐ前を歩いていた人も、話しかけてきて、安曇野から来たんだよ!と話していたら、またすぐ近くの人が、あらぁ~、私も安曇野出身なの!と。。。
今度はそちらとお話し弾んで歩いて行かれました~。
みんな、happyなひと時だったんですね♪

そうそう、富士見駅近辺にも、昔ながらの家がありますね。
うまく手入れしながら、是非残して行ってほしいですね。
家ばかりじゃなくて、いい風情の小屋がけっこうあるんですよ!!
写真撮ってブログに載せたいと思っているのに撮り忘れちゃうんですよね(>_<)
とっても気に入っている小屋のある風景があって、今度写真撮って紹介したいと思っています!
2010.03.23 09:03 | URL | #79D/WHSg [edit]
おちゃ says..."No title"
この手の話はまた止まらなくなります。何度もすみません。
これで終わりにします。

>密かに思ってるんですよ。どこの携帯電話会社が、真っ先にそこに気>付いて配慮するかなぁ~って!!

それは期待するのが無理ではないか、と悲観的に思っています。
日本ってすごく風光明媚な山々や川や田園の風景でも、それを横断するように、高圧電線の巨大な鉄塔をずぅ~~っと立てますよね。あれ、珍しいと思うんですよ。荒野で人がいないところならまだしも、誰もが「素晴らしい風景」と絶賛するところにも、日本ではあの鉄塔の行列があります。ということは携帯電話の中継アンテナなど序の口(?)

絵描きさんも、古い時代設定の映画関係者も困ってます。外国人も不思議がりますね。アレックス・カー氏によれば「日本人は見たくないものが、見えていないフリをする天才」だそうで、だから電柱でも高圧線でも巨大な看板でも平気なのだとか。
2010.03.23 10:14 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
おちゃさん こんばんは。
それは夢のような期待なんですか~。
ちょっと残念な気分ですが、家の近くには、電線を地中に埋設していて、電柱が立っていない宅地エリアがあります。
せめてこういうエリア増やしていってほしいです^^
2010.03.23 22:11 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/536-e0edd4ad
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。