CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

外構工事とオーガニック畑

昨日から外構工事が始まりました。と言っても家の周りに砂利を敷いてもらい、我が家のすぐ後ろに水が溜まる部分があるので、それを整地してもらうくらいが予算の範囲。
地元の造園屋さんがやってきました。 休憩時間にお二人座っているところがかわいくて、ちょっと写真を撮らせてもらいました。許可を得てアップしました。
こちらの造園業のおじさま、尖石遺跡の近くの通り沿いの土地1400坪を持っていらっしゃるそうで、「自分はもう歳だから誰か買ってくれんかなぁ~?」なんて話してました。

さて、今日は暖かで外での作業にはピッタリです。
野菜作りの準備をしておこうと思います。これまで見よう見まねで何となく野菜作りをしてきました。
薬を撒かないでも、それなりにできてはいましたが、ちょっと前に出会った本を見て、これでやろう!!と決めました。
庭作りも野菜作りも、多すぎるほどの情報があり、多様なやり方があります。
自分にあったもの、無理せずできるものがいいと思いますから、井原豊さんの指南書を手に動こうと思います。時期的なタイミングは、違ってくるとおもいますが、基本を学ぼうと思っています。

この本は、横浜青葉区の寺家ふるさと村の土地を借りて、編集部の方が井原豊さんの指導のもと実践した野菜作りがわかりやすい写真と共に編集された本です。初版は1990年、こちらは新装版です。
作物ごとに、写真がたくさん載っていて、作業の手順がわかりやすく書いてあります。
畑には苦土石灰を撒くものと思ってこれまでそうしてきましたが、石灰は撒かないとあります。
なるほどそういう理由でしたか!!と目から鱗がポロン!
これから無農薬野菜作る人には是非お勧めと思って紹介しました。(まだ実践しておりませんが・・)

必要なのは単肥で、過石(過リン酸石灰)や硫安をすき込むとあったので、JAにて購入してきました。
過石は大袋で入っていて実際使うのはこんなに使いませんから、これだと数年分ありそうです。
まだすぐにはすき込みませんが、用意だけはしておきました。







Category : 2010年過去ログ
Posted by CoCo on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

おちゃ says..."No title"
畑をやったことがありません。
おそらくそれぞれの土壌、気候、人のやり方があり、これ!
という決定打はないのでしょうねえ。
園芸と同じく様子を見ながら、少しずつ自分であれこれ
試して。楽しみですねえ。どう発展するのか。

造園を仕事にしておられる方とお話すると、楽しいですね。
地元の土や樹木のことをよくご存じですから。
私は小淵沢の業者さんに、いろいろとお世話になりました。
ウチの山荘は標高が高いので、私が希望しても「無理ずら」と
却下された樹種がたくさんありました。
2010.04.10 11:35 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
*おちゃさん こんばんは。
作物は工業生産品とは違って、天候や土などに左右されるので「こうすれば絶対」という技術は存在しないと、著者である井原さんも言ってますね。それに野菜作りにむずかしい理屈はいらない!って。私がこの井原さんのオーガニック野菜作りに魅かれたのはその一言かも(笑)

仕事柄、造園やる方はほんと樹木や草花のこと良く知ってますね。私のところも樹木や草花など何でもいいわけではないですね。シカも来るので、シカが好きな木を植えるわけにもいきません!!
2010.04.10 21:38 | URL | #79D/WHSg [edit]
hiro says..."No title"
ホント♪かわいらしいお姿!
穏やかなお顔が素敵に年を重ねてこられたんだなって感じさせてくれます。

難しい理屈はいらない!

良い言葉ですね♪  

2010.04.11 08:43 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
hiroさん お早うございます。
かわいく歳を重ねたいもんですね~^^

そうそう、最近は情報過多のせいか物事をわざわざやっかいに捉え過ぎてるような気がします。
難しくしないでシンプルに! ですね!
2010.04.11 09:59 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/542-19dec2ab
該当の記事は見つかりませんでした。