CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

し尿組合の動き in 長野

国際交流クラブ原村の集まれる面々で、私達に何ができるかな?
どういう支援を続けていけるかな?
などなど、話をしてきました。

私は以前住んでいた地域で、家庭防災員をした事があり、その時に震災被害の援助に行った消防団の方の講演をお願いした事があります。
その時の話の中では、私達がテレビ報道からは知り得ない状況のひどさなどを聞く事ができました。

トイレの状況も大変なものがあったと。
水がありませんから、汚物は山積みになり劣悪な環境であったそうです。
簡易トイレは是非各家庭で、あるいは各自で準備しておく事を勧めますよ、と。

そんな事を話していたら、メンバーの一人から、バキュームカーを被災地に送りだして少しでも汚物処理が手伝えないかしらね?という発言が。

原村は、下水道が使えるところと、浄化槽のところと、汲み取り式のところと住んでいる場所によって処理方法が違います。

それを受けて早速、原村に1台あるバキュームを担当してくれているKさんにメンバーが電話をかけて話を聞いてみました。

すると、ここには1台しかないから自分のところは出せなかったらしいですけど、長野県のし尿組合はもうすでに3台のバキュームカーを被災地に送り出しているそうです。

それを聞いた私達は、オ~!!もうすでに動いていたのですか!!と胸が熱くなりました。
バキュームカーが出動していることなど報道されていないですよね??
水が出ない災害時には、必ず役に立つものですね。

頑張って下さい!!

そしてそれから更に、長いスパンで国際交流クラブ原村としてやっていける事は?を考えてみました。 -今後に続く-

Category : 2011年過去ログ
Posted by CoCo on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

omi says..."No title"
cocoさん。
主人の会社にもバキュームカーがあるそうで、
被災地への出動を、という話がすぐでたそうです。

また、友人が大分県で土木関係の仕事をしていますが
やはり被災地で作業する準備をすすめているそうです。

2件とも要請待ちなんだそうです。
2011.04.02 06:49 | URL | #79D/WHSg [edit]
coco_lohas says..."No title"
omiさん お早うございます。
お~そうなんですね!
やはりこういう事態では、バキュームの力は必要となるんですよね。
それに、瓦礫の処理などが急務のようですし…
それにしても、どちらも要請待ち?なのはもったいないような気もしますね。
どこに、どう動かすかが情報錯綜しているのでしょうか。
きっと、準備してスタンバイしている方々、気がはやるでしょうね。
2011.04.02 08:43 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cocoharvest.blog.fc2.com/tb.php/646-605d5102
該当の記事は見つかりませんでした。