CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

Mr.Partner  ミスターパートナー

『Mr.Partner』ミスター・パートナー5月号が今日手元に届きました♪♪♪
以前は書店で時々買って読んでいましたが、こちらに来てからはわざわざ買ってはいませんでした。
が、今回ばかりは黙っちゃいられません!! 

この雑誌の中に、私にとって関わりの深いお二人の記事が掲載されているんです。
ワクワクして発売を待っていました。

s-DSC09469.jpg

雑誌に掲載されたのは原村のペンション・ワンズワースさん。イギリス大好きで、館内もアンティークの家具や雑貨で囲まれていてイギリスの田舎へ居るような心地よい空間です。
その彼女の記事が、この雑誌に掲載されています。
6月にワンズワースさんを中心に原村でのイベントを企画しています。
「ウォーキング・グルメツアーin 原村」 この雑誌の記事に紹介してあります。
実は、HPのリニューアルお手伝いさせていただきましたが、そちらにも紹介しましたので、ご覧下さい。


☆そして、2つ目は、『ファームステイ物語』
私達が滞在したヘレフォードシャー(コッツウォルズよりもさらに西の地域)ペンブリッジにある ”Lowe Farm B&B ”に当時ファームステイしてオーナー・ジュリエットの右腕として働いていた日本人の友紀子さん。
滞在中にたくさんの人と巡り合い、色んな事を学んでいらっしゃいました。

彼女には私達の滞在中大変お世話になって、近隣のお城のあるラドロの町やレミンスターのパブなど案内してもらい楽しい時間を過ごしたのです。

※ラドロの街並み
s-DSC04269.jpg

s-DSC04239.jpg

私のブログにリンクされている『イギリスはファームが面白い!!』を書いていらっしゃる方ですが、(現在は消してありました。)この友紀子さんのLowe Farmでの出来事や様子がこの5月号から連載されることになったのです。

読んでみたら、ウェンディとピーターの65歳と80歳の年の差カップルのお二人と友紀子さんのお写真が!!
きゃぁ~懐かしい♪ え~っ、このお二人は、私達の滞在中にちょうどいらっしゃった方たちで、とても気さくにお喋りして下さった方たちではありませんか!!!
その時驚いたのは、かなりお歳のご主人は、プロペラ飛行機のクラブ会員でこのLowe Farm B&B 近くのクラブで現役でプロペラ飛行機を乗りこなしていらっしゃるという事!
日本では、あまりというか殆ど目にしないし聞かないシチュエーションです。
翌日は、本の町 Ross-on-Wye に出かけるとおっしゃって、仲睦ましく素敵なカップルでした。

お話を聞いた時はほんとに驚きました。 お二人の記事が同時に掲載されるなんて!!!
連載の記事には、オーナーのジュリエットとご主人クライブとの面白い関係もきっと書かれるに違いありません(笑)


ミスター・パートナーは、井形慶子さんが編集している日本で見れるイギリス情報誌といったところでしょうか。その井形さんが執筆した本に初めて出会ったのが、確か6~7年前の事です。
『少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家』から始まって、『イギリス式お金をかけず楽しく生きる!』 『仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識』 『イギリス人の格』 『イギリス式節約お片づけ』 『イギリス式農家の整理術』などなど、出版される本を片っ端から読んでいました。

そう言えば、彼女も長崎出身ですね。
当時私は英国に行った事はなかったのですが、彼女が文字を通して教えてくれるイギリス人の価値観、暮らし方など読みながら私は、ウンウン、そうだ!それよ~!同感です!! と口走っていました。
イギリスのカントリーサイドに思いを馳せるようになっていました。
井形さんの本に出会った事が、今の私のライフスタイルのベースとなりました。

普段の消耗品などには、工夫をして代用したりしてお金はかけずになるべく安く済ます。
ロンドン市内は別としても、郊外ではチャリティーショップが数多くあって、物が廃棄されるよりもまずリサイクルされる事が良しとされているのは、その表れでしょう。
でも、お気に入りの空間を作る為の家具などは、代々受け継ぐ事ができるくらいしっかりとした質の良い気に入ったものを選び、古くなっても手を加えながら長い時を一緒に過ごす。

美しい自然を残すために努力をして、便利さだけを追い求めないライフスタイル。
井形さんの言葉を通して想像するイギリスでの暮らし方に私はどんどんと魅かれていきました。
ロンドンは1度行きましたが、私にとってはそれで十分で、私を魅了したのは、イギリスの田舎♪
渡英2回目は、カントリーサイドだけに滞在して過ごしました。

イギリスで私の目を楽しませてくれるものは延々と続くグリーンカーペットにゆったり横たわり草を食む羊たち、そこにポツンと立つ大木の姿、ゆったりとした川の流れとそばに生えるイネや群生する白いセリ科の植物、ジャガイモ畑、田舎の小路に道路脇のブッシュ、アンティークな雑貨、古くてかわいい家々、納屋…
どこを撮っても絵になる広がりのある風景でした。

書店に行く機会があれば、是非お二人の記事も読んでみて下さいね^^



Posted by CoCo on  | 6 comments 

6 Comments

omi says...""
わぁ☆さっそくですね。

あぁ、懐かしいです。De Grey's cafe!
ここのスコーンとクリームが絶品で忘れられません~
もし娘が海外留学したいと言ったらludlowをすすめます(きっと主人と私も付いていっちゃいます(笑)

主人と私も、「次回はカントリーサイドだけでいいよね」って意見が一致しましたよ~
2012.04.13 08:07 | URL | #OWE.3Bt6 [edit]
to omiさんへ says..."Re: タイトルなし"
> わぁ☆さっそくですね。
はい、ちょっと興奮気味にブログアップしてしまいました^^

> あぁ、懐かしいです。De Grey's cafe!
> ここのスコーンとクリームが絶品で忘れられません~
ここはとても評判のいい美味しいカフェなのですよね。
実は、ここにワンズワースさんが泊ったんですよ!
私はホテルもあるとは知らずにいましたが、ラドロへ行かれると言うので、
このカフェを紹介したら、「エ~ッ!そこに宿泊するのよ~って!!」
とても素敵なお部屋だったらしいです^^

> もし娘が海外留学したいと言ったらludlowをすすめます(きっと主人と私も付いていっちゃいます(笑)
私も付いて行きたいです。あ、でもその頃はもうヨボヨボか?(爆)

> 主人と私も、「次回はカントリーサイドだけでいいよね」って意見が一致しましたよ~
やっぱり…ね!!
2012.04.13 10:09 | URL | #- [edit]
とっと says..."素敵な街並み♪"
お知り合いの方が同時に1冊の本に載るなんて素敵な偶然ですね。
人ってどこかで繋がっているんですね。
ラドロの街も落ち着いた色合いが素敵!

ワンズワースさんの新HP拝見しました。
cocoさんのセンスが加わって素敵になりましたね♪
何とワンちゃんも泊まれるんですか!
以前のHPを見たときは犬OKとは気付きませんでした…残念。
「ウォーキンググルメツアー」楽しそう。参加出来るよう調整したいです♪
うふふ「田植えde婚活」も楽しそうですね~☆
2012.04.13 22:09 | URL | #- [edit]
to とっとさんへ says..."Re: 素敵な街並み♪"
とっとさん こんばんは~。

> お知り合いの方が同時に1冊の本に載るなんて素敵な偶然ですね。
ほんとに驚きましたよ\(◎o◎)/!
この偶然は必然?だったのかな~と思ったりして^^

> ラドロの街も落ち着いた色合いが素敵!
そうでしょ!! とても美しい街です。
こじんまりとした街なのですが、世界有数の大銀行HSBCがあるんですよ。
それも、やっぱりこの街並みのような建物の中に!
近代的ビルを建てるのではなくて、景観がいかに大切にされているのかがわかります。
羨ましいですね。

> ワンズワースさんの新HP拝見しました。
> cocoさんのセンスが加わって素敵になりましたね♪
ありがとうございます♪ 泊りに行きたくなっちゃいましたか?
ワンズワースさんの心地良い空間をシンプルにどう伝えようか、白いキャンパスに1からデザインしていくのって結構時間費やしましたが、喜んでいただけるようなものを作りたかったので画像なんかも頑張りました~^^

> 何とワンちゃんも泊まれるんですか!
> 以前のHPを見たときは犬OKとは気付きませんでした…残念。
そうなのよ~ワンちゃん一緒に泊れるんです!!
それも、1日1組なので、気分的にゆったりできますよね。

> 「ウォーキンググルメツアー」楽しそう。参加出来るよう調整したいです♪
是非、調整してみてね。お友達も良かったらお誘いしてみて下さい。
「原村を日本のラドロに!」なんて、雑誌に載ってたんですよ。

> うふふ「田植えde婚活」も楽しそうですね~☆
そうでしょ~☆ 自然の中での出会いの場。作業しながらお話しするのも楽しいかなって!思うんですよ。
2012.04.14 00:16 | URL | #- [edit]
山栗 says..."イギリス旅行を思い出しました"
Mr partnerですか。私も本屋さんでよく読みます。(立ち読み)イギリスの暮らしが載っているのでつい読んでしまいます。ペンション「ワンズワース」さんて、Wordsworthからきているのでしょうか。私も2年前の6月にコッツウォルズ~湖水地方を巡りました。イギリスのカントリーサイドはどこにいっても絵になりますね。
WordsworthゆかりのB&Bにも泊まりました。本当に素晴らしかったです。その時はラドロー城は知らなかったので、そちらへは行きませんでした。
もう一度、イギリスへは行ってみたいです。
よろしければ、フルートおじさんの「イギリス旅行記」
http://blog.goo.ne.jp/gooa379/c/ed993bdd73a7bf660269ba5589b16b87
をみて下さいね。
2012.04.14 13:45 | URL | #y/KRcYoc [edit]
coco says..."Re: イギリス旅行を思い出しました"
山栗さん こんにちは。

> Mr partnerですか。私も本屋さんでよく読みます。(立ち読み)イギリスの暮らしが載っているのでつい読んでしまいます。
山栗さんご存じでしたか!! この雑誌、殆ど女性が見ているものだという先入観がありました。

>ペンション「ワンズワース」さんて、Wordsworthからきているのでしょうか。
「とても良く似ていますが、1字違いなんですよ。
ワンズワース」さんは、詩人からではなくて、ロンドンの南に位置する「Wandsworth」という街の名前からいただいたんですって。

>私も2年前の6月にコッツウォルズ~湖水地方を巡りました。イギリスのカントリーサイドはどこにいっても絵になりますね。

旅行記拝見しました! 湖水地方は結構天候の変化があって、雨の確率高いと聞いた事がありますが、やはり雨にも遭遇なさったんですね。
それにしても、美しいところです。牧草地の広がりは、ため息ものですね。
ナショナルトラストの帽子もカッコイイですよ! 今も被っていらっしゃるのでしょうか?

また行きたいカントリーサイドですね!

2012.04.14 17:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。