CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

ラムズイヤーの素敵な使い途

ラムズイヤー(羊のお耳)と名付けられたハーブが、庭にわんさかと育っています。
以前お知り合いから頂いたものですが、株分けしたらどんどん増えていきます。
ここの高原では育ちがよいようで~。

ところが意外とこのハーブ、白っぽい柔らかな毛で覆われていて、ドライフラワーにするくらいしか使われていないようなんです。
ミントやオレガノ、カモミールなどのようにお料理やお茶などで利用する事はないし~。

ある時ヒラメキました☆

ラムズイヤーの大きな葉っぱをリングにして、ナプキンリングにしてみたら、なかなかいいじゃない!!
ラムズイヤーのナプキンリングなんてこれまで見たことありません。
葉っぱなのでドライになって時間が経つと、破けやすいというデメリットはありますが、軽い紙ナプキンを差し込んで使うといいです。

s-DSC01548.jpg

そして、これまたラムズイヤーの中心部の若い葉っぱを箸置きにします。
こちらはフェエルトのような厚みがあるので、舟形になるように少しカーブを付けてあげます。
手触りがすご~くいいので、気持ち良いです。

自然のハーブをこんな風に使うと、テーブルも楽しくなるし、お客様にも新鮮なテーブルコーディネートを提供できるんじゃないかしら~♪

ハーブを生活の中で生かして行くのは楽しいですね♪
ラムズイヤーの新しくて素敵な使い途です^^

Posted by CoCo on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。