CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

景観は価値ある財産なのに!!

このところ家づくり急ピッチで進めているので、必然的に家ごもり状態に。
ちょっと気分転換しようという事になりお散歩へ出かけました。

途中で目に飛び込んできたのは、残念ながら虫ではありませんよ。
でも、虫だったらまだ良かったかな~。

これは私の主観ゆえ、へ?と頭を傾げる方もいらっしゃるかと思いますが、
「Oh! No!」と言いたかったんです。しばしお付き合いいただけるとありがたい。



目に入った瞬間、えっ!なんで?こんなの置いちゃったの~~~(~_~;)
自然の景観にマッチしないでしょ!!
忽然と現れし、スピード制限標識看板。
それも、コンクリートむき出しで取りあえず置きましたと、いった感じで立ててあるし…

s-PC070177_20121211225725.jpg
s-PC070170.jpg

う~ん、残ねん! そこに必要なのかしら?と率直に疑問もありますが、もし立てるにしても、もうちょっと雰囲気の良いものだったら…あ、でも考えようでは確かに目につきます。

でもねこの奥には森の中にマッチした素敵なお家が建ち並んでいて、その家々の表札がこれまたとってもオシャレでいいんですよ。素敵なんです!どこのお家も!!
写真に撮ってご紹介出来ないのが残念なくらい。
なのに、これではその景観の価値が半減してしまいます。
その地域に限らず、せっかくの景観が、原村の価値ある魅力が~~~!

私はここ原村がとても好きで魅力を感じています! 
遠目に見える素晴らしい山々の景観とひらけた田園地帯、森の木々の中に佇む自然とマッチした家並み…
箱物がやたら多くないのがいいところ。
里山の古くからある家並みや農具小屋が、これまたいい雰囲気を醸し出しているんです。
年月を重ねた土蔵もいい感じだし!!
ヨーロッパの田舎(カントリーサイド)の雰囲気を感じ取ったのが移住の決めてでもありました。
従来の大きな看板も他と比べて比較的少なく、目を惹く自然とマッチした木の看板やアイアンと木の組合せたものなど、とてもお洒落なものがあって、そんな景観を見ていて心地良さを感じてます。
ただ、最近チラホラと一般的な普通の看板が増えてきているような気がします。

s-PC070171.jpg
例えばこれ使って看板作ったら素敵だろうな~と思っちゃいました。

手つかずの自然の美しさは、経年変化と共に形作られるもので、一夜ではならず、人には作り出せないものです。
だからこそ人の手を加える時は、自然の美しさになるべく融け込むような素材、色使いなどが重要だと思います。

ヨーロッパのカントリーサイドが好きな人は多いと思います。
素晴らしい景色に訪れた人は感動して、また来たいと思うんですよね。
私もその一人なんですけど^^

何百年も続く景観の美しさを維持するのはナショナルトラストですが、地域で厳しい規制のもと、個人の家であってもリフォームに色使いや素材の規制があります。
それ程、イギリスでは景観というものに大きな価値を置いて財産としています。
日本でもそういった景観というものに、もっと価値を置いてくれたらいいのに!

例えば、人を誘致するのにもちろん景観を美しくしようという事で、色とりどりの花々をたくさん列に並べて植栽する、のぼりを立てて、ヒラヒラ目立たせて人を誘致しようとしていらっしゃるところが多いですが、これは逆効果ですよね。特に自然豊かな八ヶ岳山麓に、そういうものはマッチしませんね。
車で走っている時に、「あ~、これじゃ素晴らしい紅葉がだいなしだぁー」と思った事がありました。

いつも思うのが、日本の商業用などの看板! 
田んぼの中や国道沿いにいくつもドカーンと並ぶ看板たちですが、これってほんとに景観を壊しますね。
経済優先がもたらした弊害とでも言いましょうか。 戦後アメリカを真似したからか!?
ありがたくない存在かもしません。
こちらもNO!と言いたい。(アルジェランのCMみたいにね)

ヨーロッパで目にしたのは、とてもセンスのよい素敵な看板たちでした。
もちろん、まったく同じようにする必要はないけれど、そのスタイルや考え方を取り入れられたらと思うんです。
村の美しい景観は確実に価値を高め後世に残す財産となります。
村全体の電線を地中に埋設することができたら great!!

14日イギリスのカントリーサイドへ出かけます。

「イギリスの田舎に学ぶ景観づくり」を一つのテーマとして私なりに色々吸収してきたいと思います。
原村は美しい素敵な村だと思いますよ。 それだけに残念なんですよ。

Posted by CoCo on  | 8 comments 

8 Comments

ゆっこ says...""
ひょえ~~~!!!びっくりな看板です!もう鼻息が荒くなってしまいました。
あんなに素敵なところなのに・・・ホントとても残念です。
「原村から景観を考える」
日本の景観作りのために発信していきたいですね!
いよいよイギリスツアー♪
今回はちょっと内緒にしていたのですが、チャールズ皇太子が1989年に彼のスケッチの中でデザインし、出来上がったモデル都市(といっても本当に小さな町です)をご案内する予定なのですv
そこできっといいものが吸収できるはず!カメラの準備はいいですか~(笑)
お楽しみに☆
2012.12.12 10:13 | URL | #- [edit]
Papalin says..."景観もさることながら・・・"
20km/hという感覚も、ありえない速度ですね。
2012.12.12 14:12 | URL | #- [edit]
CoCo says..."Re: タイトルなし"
ひょえ~~~!!チャールズ皇太子がデザインしたモデル都市ですかぁ!!! 
スゴイ♪ これはもうワクワクものです。
学ぶところがいっぱいありそうです。
カメラばっちり用意しています!!メモリーカードも!!
ゆっこさん、ツアーどうぞ宜しくね^^ 
サプライズでしたぁ♪♪

2012.12.12 17:28 | URL | #- [edit]
CoCo says..."Re: 景観もさることながら・・・"
papalinさん こんばんは。
この先は森の中の細い道が続きます!
ゆっくり走ろう! Go Slow! で、いいような~。。。
今なら凍結で、この速度に自然となるかもですけどね。
2012.12.12 18:20 | URL | #- [edit]
issy-family says...""
あ・り・え・な・い、本当にがっかりですね。私たちと行政が成熟しなければこういったことはなくならないし、ますますひどくなるのでしょうね。きちんとした実効性のある景観条例の必要性を感じます。
2012.12.12 20:07 | URL | #- [edit]
CoCo says..."Re: タイトルなし"
issy-familyさん、ビックリ、がっかりでしょ!
私もショックだったんですよ。
原村は他のところより変な看板も少なく、景観的に素晴らしいしと思っていただけに、何で~??!!
素敵な景観は原村の財産!! 後世に残しておきたい自慢できる素敵な村に!
ほんとに、実効性かつセンスある景観条例が必要と思います。
エコーラインのグリーンベルトもその景観は大変貴重なものです。
道路際の木が切られる事で景観が損なわれるのはとっても残念です。


> あ・り・え・な・い、本当にがっかりですね。私たちと行政が成熟しなければこういったことはなくならないし、ますますひどくなるのでしょうね。きちんとした実効性のある景観条例の必要性を感じます。
2012.12.12 22:02 | URL | #- [edit]
とっと says..."裏もビックリ"
私もあの看板を見たとき「???」って思いました。
自治会名が入っているからたぶんオーダーしたんですよね。
CoCoさん、あの看板の裏側も見ましたか?
さらにビックリしますよ^^;
2012.12.22 20:39 | URL | #- [edit]
CoCo says..."Re: 裏もビックリ"
とっとさん、ただいま~!
えっ!! 裏もすごいの??
イギリスの景観の美しさを見てきたばっかりなので、
更にガクゼンとしちゃうかも??
2012.12.24 12:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。