CoCoのビレッジライフin原村 | 八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ

英国ファームステイ -クリスマス編-

クリスマスはとっくに過ぎ年末ではありますが…
s-s-PC160539.jpg

英国でのクリスマスは家族や親戚が集まって過ごす特別の日なので、ほとんどのショップやB&Bもクローズしてしまうそうです。
以前は、日本もお正月と言えば元旦は、お店が閉まっていました。
なので、元旦の朝はとても静かでのんびりと家族でお正月料理を囲んでいましたが、今は元旦からすでにお店が開いているところも多いです。

休暇を大事にする国と、経済優先を旗印にあげる国の違いがここにも出てますね~。
「元旦くらいお店一斉に休みなさいよ!」
「経済効率と長時間労働はイコールじゃないでしょ!」と私は言いたい!(苦笑)

さて、クリスマスのツリー屋さんに出かけてステイ先のB&Bのクリスマスツリー選びに同行させてもらいました。
大小様々なモミの木が所狭しと植えられていて、どれにしようか見て回ります。
選んだらその場でカットして、ネットを被せてお持ち帰りです。スゴイ!
ところで、肝心な事を聞いてきませんでした。
けっこう大きなこのツリー、いったいおいくら??

s-PC191422-a.jpg
s-PC191425.jpg
s-PC191451.jpg
s-PC191453.jpg
s-PC201470.jpg
ツリーを立てる道具です。四方からネジで固定するんですね。

日本の山には唐松の木がいたるところに植栽されていますが、現在は樹齢的に根が古くなりちょっとした強風や雪の重みでバタバタ倒れている状態です。
当時の山林政策で、一斉に唐松の木が植えられていましたが、現在ではその価値が無くなってきたので、手をつけられないオーナーさんがほとんどだと聞いています。

代わりに山の一角にモミの木を植えていき、こうやってクリスマスツリー屋さんができるのもちょっと珍しいかも知れません。
これだと、山は丸裸にはなりませんし、山に人も呼べますし。
そこに、循環が生まれると思うんですよね。

ツリーを飾りたいけれど、プラスチックでは味気ないし…小さくてもいいから本物で飾れたらいいのに、と思っている人も意外といる?
以前住んでいた横浜の家の玄関には実はモミの木があったんですが、この木はとにかく成長が早いのです。
クリスマスのライトを飾るのが年々大変になってきてました。
やっぱりこうやってお家の中に飾れるといいですね♪ 外から窓越しに見るツリーはとても綺麗でした。

こういうクリスマスツリー屋さんをやって下さる山のオーナーさんいらっしゃいませんか?
ちょっと話題になると思うんですが。。。

s-PC201504.jpg
s-PC201506.jpg
s-PC201513.jpg

買ってきたツリーにみんなで楽しく飾り付けしましたよ。
この日はみなさんドレスアップして、クリスマスディナー!
ダンスで大盛り上がり~!!

Category : 旅行
Posted by CoCo on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。